2011年辛卯の運勢

2011年の運気とその開運法

| HOME | 2011年運勢 | 2011年運勢 |

更新日 2011-07-07 | 作成日 2008-01-21

2011年 辛卯の年の開運風水!!

usagi016.jpg
2011年の辛卯の年の意味する所は辛は陰の金を表し、卯は陰の木を表します。またここでも、金が木を切るという五行相克の関係を示す年なので、緊張は続きます。泥棒や肺、呼吸器に問題、背中と首や手足を怪我するという意味があります。 軍事衝突も考えられます。
ここで考えられるのは森林火災や自然災害等が浮かび上がってくるでしょう。

そして卯は恋愛や、異性運等を表してもいます。ですのであまり旦那様が浮気するなら銀の鳥を買いなさい、等鳥のモチーフを寝室に飾りなさいとも言われています。

そして、今回金に傷つけられている木。。卯なので、スキャンダルや浮気等発覚しやすい時でもあります。

ですが一方で新しい21世紀の出会い!というような素晴らしい愛にも出会いやすい時。独身の人も既婚の人も突然パートナーチェンジも起こりやすいです。二人であった瞬間にー恋の花咲く時もあるーと。

今年は卯の人、そして酉年、子年の人は2011年もっとも気を張る必要のある年になるわけです。酉は卯と冲を起こし、数々のトラブルが起こり易く、追い風というより逆風で天の運が遠い場所にあります。卯年は自分の年が来る犯太歳になり、その年の短所を食らいやすいのです。免疫等は特に注意。子年は卯と刑を作ります。

また、その三つの干支は引越しや、移動を余儀なくされる事が多いです。(ちなみに私寅でしたが、去年横浜から九州に引越ししましたー)精神的な緊張は高めで沢山の旅行、転職、転居を繰り返す人も多いでしょう。駅馬という移動の力が大きく働くからです。また隠れた病という象徴があるのも特徴です。

失策やミスも目立ちますが、その不運の”ばね”を使って大きくジャンプするか、その運気に飲み込まれて家で隅に座り顔をうつぶせるかは、”戌”のモチーフを持つ事にかかってきます。大体去年のいのししペンダントと同じく、46時中つけているほうがいいです。ずっと自分に調和させ、戌の力、影響を自分に及ばせ、今年の否定的な影響から自分を守ってくれるからです。銀の力で色々な影響をはねます。また上手に乗り越えられるよう、優しい道にします。

■■■

2011年はこの戌ペンダントで全ての不運からエスケープ!■■■ パワーストーン

2011年から、最悪でかつ最強の星五黄は、東の方位に位置します。日本でいうと、千葉県上部に及ぼす影響が今年考えられます。

勿論自分の家を上手に調整する事でその咎から抜けられると考えられます。
家の東に置いている水槽は、ただちに水の濾過を止めてください。五黄がある場所の水槽は、水があるのは五黄を沈めると言ってとても良いのですが、まわしてしまっては五を活性化させることにつながります。仕事ややる気、社交生活に関係する場所なので、しずかに沈めておいた方が得策です。

また更に大歳方位も入って、凶の威力を増しています。是非東にこのお札を使って、負のエネルギーを家族に自分に強く回しすぎずに適切に気を流すようにしてください。またこちらの方位への移転や造園は凶ですので気をつけてくださいね。

基本的に、強すぎる鬼や負のエネルギーを抑えれば、不運も学びとして自分の器の中で上手に調和できたり、解決したりする事ができます。

強烈にひっぱたかれると反省する前に怒りに燃えたり心が折れて悲しくなりすぎるのと同じですね。
修行はわかるけどソフトに導いて欲しい!とするのが風水でもありますからね。



○◎グランドトリンショップ◎○
http://grandtrine.shop-pro.jp/

○◎風水グランドトリンHP◎○
http://sky.geocities.jp/superaip2003/



卯、酉、子年の人にとっては試練の年になりやすいですが、チャレンジの年でもあります。夜明けの前は一番暗いというわけです。絶対戌のペンダントは必須で、事故等、集中力散漫には気をつけましょう。

戌、亥、未年の人にとっては土台を作る、安定させる良い年に。混乱していたものが解けてよい状況になってゆきます。

寅、午、丑年の人にとっては結婚、出産、異性についての喜び事が増えるでしょう。仕事のパートナ-等でも、異性が喜びを運んでくるでしょう。社交運も良い。金運もあります。

巳、申、辰年にとっては多少のチャレンジが付きまといますが、結果素晴らしい物を作る事ができるという勇気を持つ人には成功が訪れます。


2011年ポイント

東には大歳を収めるお札、または龍。
そして五黄殺を収める為に風鈴。
西には三殺を収める為麒麟。
東の水槽は強い動きを止める事。
卯、酉、子の年生まれは犬のペンダントで身を守る。