風水インテリアで調整していく実践方法

八宅風水.jpg

八宅風水とは

ここでは、色々な風水を皆さんにご紹介していきます。まずは、最近とても話題になっている八宅風水についてご紹介しましょう。
まず、本命卦を出します。

風水を始める為、生年月日から、本命卦を出す。
無料 本命卦表
本命卦 早見表 
この表で自分の本命卦はわかりましたね?全ての人は産まれた年と性別によって、この8タイプに分れます。この本命卦は、風水と密接な関係にありますので、しっかり覚えておきましょう!

これで、自分のラッキーカラーと自分と先天的に相性のよい方位、悪い方位を見つけていく事ができます。八宅とは、自分の磁力と、方位の磁力の相性をみていくものです。




八宅風水表
八宅風水表

自分と方位の相性を見ます

どの方位も、八方位のうち4つは吉、残る4つは凶になります。これをそれぞれ四吉方、四凶方といいます。ここではわかりやすく、最大凶方位を赤で、最大吉方位を緑で表してみました。

そして、吉方位が東側に集まっているグループ(坎、離、震、巽)を東四命、西側に集まっているグループを西四命とよびます。

ですが、これはあくまでも目安です。絶対ではありません。ですので、年の運、そして飛星派で見ると、また吉凶が若干変わってくるという事を覚えて置いてください。そして、しっかり凶方位をフォローする事で、凶の像意が確実に薄まっていく事でしょう。

風水における、本命卦別の四吉方位

生気(最大吉)

生命力、エネルギーが最大に引き出される場所。
この方位を活用すると、体の中のエネルギーがみなぎり、対外的に活発になるでしょう。どんなに働いても疲労が残りづらいです。リーダーシップを発揮し、男女ともに魅力が増します。
ですが、エネルギー旺盛すぎて他の異性に目を向けてしまう事も。セクシャリティが強まっているので相手には困りません。浮気がちな旦那様はもしかしてこちらの方位を使っているかも。。。??



天医方(大吉)

この方位は、建設的に、地道に物事を進められる方位。辛かった物事もどんどん片付いてきます。どんどん問題は回復にむかっていきやすい方位ですい。病気をしても、早く回復にむかい、体調はすこしずつよくなっていきます。心のゆとりができます。サポート運があります。堅実な道をさがせるでしょう。



延年方(中吉)


物事を内に集め、結び、調和させるという意味があります。忍耐力がつきます。地に足がつくようになります。深い落ち着きが得られて、物事の思考力も高まり、人にもよく頼られるようになります。またそれを面倒がらずに聞いてあげる事によって、あなたの陰徳はまた更にふくらむでしょう。かんしゃくをおこさないようになり、恋愛にもよい影響をもたらすでしょう。


伏位方(小吉)

危ない冒険や、乱暴な考えが消え、地道に物事を進めることができるようになるでしょう。焦りがすこしずつなくなり、家庭運もとてもよくなります。男性は頼もしく働き、女性はかいがいしくなると、よい意味で変化します。家庭から安らぎも得られやすくなります。絆が強くなります。
派手さはありませんが、1つ1つ前に進んでいけるようになるでしょう。そして、性欲のエネルギーは減退するでしょう。遊び好きな旦那様をお持ちの場合、是非こちらに寝室を移しましょう!

風水における四凶方位

絶命方位(最大凶)

誤解をうける。憂鬱になりやすい。立場が不利になり、自分の権利が認められずらい。どんどん追い詰められていく方位。味方だと思ってもそうではなかったり、悪気はないのに嫌われたりします。
自分のバイオリズムが弱い時にこの方位を犯すと、精神的な病にかかる場合があるといわれています。


五鬼方(大凶)

衝突、かんしゃく、激怒、精神過敏になりやすい方位です。とにかく自己中心に物事を考えやすく、相手の事をおもんばかってやれないので、人間関係にも支障をきたします。思い込みで勝手な行動をしたり、被害妄想にとらわれ攻撃的になりやすい方位です。


六殺方(中凶)

トラブル、わがまま、やけになったり、捨て鉢になりやすい方位です。自分を大事にしずらくなったりします。精神的にはいつも不安にさらされているような気持ちに襲われます。悪い友人に流されやすいです。小さなミスを繰り返し犯してしまったり、つまらない失敗をしやすいです。


禍害方(小凶)

人に煩わされる方位です。足をすくわれやすく人を見る目がない為、最後に驚くような失敗をしやすい。胃腸も弱くなります。とにかく自信を喪失しやすく、ちょっとした事ではげしく落ち込んでしまうでしょう。心の安定感にかける為、外にでるのが怖くなり、家に閉じこもりがちになってしまいます。

ここでの風水における重要ポイント
寝室、玄関はその方位の影響を特にうけやすいでしょう。
電化製品は、できるだけ四吉方位に配置する。
机の向きはできるだけ四吉方位に向ける。
ガスレンジは凶方位に置き、その悪いエネルギーを燃やしてもらいましょう。(ヒーターも同じ)
逆にガスレンジを吉方位に置いてしまうと、そのよいエネルギーを消滅させてしまいやすいといわれています。
右の欄もしっかり読んでね。更に詳しくはこちら