風水,色の重要性、五行を上手につかいこなす!

風水の基本、五行について知ろう

風水,五行の相関図

五行相生

「木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を  生ず」という関係を『五行相生』という。
木は燃えて火になり、火が燃えたあとには灰(=土)が生じ、土が集まって山となった場所からは鉱物(金)が産出し、金は腐食して水に帰り、水は木を生長させる、という具合に木→火→土→金→水→木の順に良い影響をもたらすということが「五行相生」である。

五行相克

「水は火に勝(剋)ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、木は土に勝ち、土は水に勝つ」という関係を『五行相剋』という。
水は火を消し、火は金を溶かし、金でできた刃物は木を切り倒し、木は土を押しのけて生長し、土は水の流れをせき止めてしまう、という具合に、水は火に、火は金に、金は木に、木は土に、土は水にそれぞれ悪影響を与えてしまうということが「五行相剋」である。

五行逆生

木は水を吸い取り、水は金属をさびさせ、金は土を動かし、土は火を弱める。(凶星や吉星を上手に弱める時に使う

風水アドバンス!(さらに深く知ってプチ風水師)

八宅風水の、四凶方位が玄関、寝室に当たった時は。。
私は、八宅の四凶が自分の玄関に当たってしまっている時、その方位の悪い像意が確かにでやすいと思います。しかし玄関が悪くても、延年、その他吉方位の寝室が取れている場合、あまり凶作用がでてきづらいです。 ですので、吉方位はともかく、凶方位が玄関と寝室に出ている時だけは!!この八宅風水を優先させてください。上手にバランスを取る事が大事で、またそれが一番難解ですが。
bed.jpg

風水エネルギーの読み解き方

風水の飛星(今月の風水のページ参照)で一番気をつけなければならない事は、五黄土星、やその他凶星が来た時に気をつける事。ポイントはそこです。そして五行を理解できると、自分でちゃんと考えて風水ができるようになります。悪い金は溶かす。よい金はいかす。そうやってエネルギーの調整をしていきます。

 ですから飛星の時も同じ。優先の仕方は、八宅の四凶が玄関、寝室にある場合、そこをまずフォロー。  混乱を避ける為に、ここでは、四凶方位の五行だけ紹介します。とりあえず、なんでここは相剋ではないのだ、なんて複雑な事を考えずに、そのまま覚えたほうが楽。


八宅風水 恋愛、金運、改善方法
絶命(金性)全体的に悪くエネルギーが弱い。
ここは凶作用なので、悪い金とみなし、金を溶かす相剋の相性は、火、そして水ですよね。ですからここで使えるのは水の性質の物と、火の性質の物です。飛星もみながらやってもいいですね。ですので、この場合、キャンドル、レッドのインテリア、そして水槽、ブラックのものになります。逆に土の物は、金を強めるので控える事。

五鬼(火性)凶暴になりやすい
火を消すのは。。。水ですよね。悪い火だから、水を使う。そして、土で水のエネルギーも弱める事ができます。 水槽、水晶、黒、ベージュ、陶器等ですね。

六殺(水性)自己中心
ここはまた特別なエネルギーなので、土でまっすぐ水を濁すより、逆生の木を使って弱めます。観葉植物、ゴールドクレセント等もよいでしょう。

禍害(土性)人間関係の不安、注意力散漫
ここも、逆生でいきます!金性を使用します。金メッキの豪奢な時計なんて最高ですわね。銀のインテリア、金メッキの写真の額縁、等があります。火(赤、ピンク、キャンドル、)は使用しない。