トップページへ


え− ピーナツアレルギーなのに、ピーナツを知らなかった????



こんにちは! 私の高3の息子は、乳・ピーナツなどにアレルギーを持っています。
 
 時は昨年、暮れもおしつまり忙しい夕方、私と娘(21)は、美容の為と称し、せっせとから付きアーモンドを競争するがごとくむいて食べておりました。その時、そのアーモンドの袋から、まぎれもない1粒のバターピーナツがこぼれ落ちました。
「あれぇ、これってピーナツだよね、どう見ても」

 息子はピーナツはだめでも、アーモンドは大好きでよく食べていました。
あとで息子にそのピーナツを見せると、「へぇ、これがピーナツ? いつも、から付きのピーナツばかり見てたから、これじゃ、からがはずれたアーモンドだと思ってたべちゃってたかもしれない。」 などと言うのです。
ピーナツは、ショックを起こしたこともあるし、けっこうキツいのです。

 もちろん、ちゃんとメーカーさんに伝えたところ、混入があったことを認めあやまってくれました。
しかし、常に何でも混入の可能性はありなんですね。
 
 そこで、ピーナツのあらゆる形状を伝えなくてはいけない重要性を認識いたしました。

もしも、食べてしまっていたら、ショックなど起こしていたら、アーモンドもダメなんだと落ち込んでしまったことでしょう。
ギリギリセーフでした。


 あれからアーモンドを買う気がしなくなって、買ってません。アンチエイジングにいい何かを教えてください。
〜チエミィ母さん より〜

※M/Y/D/S イラスト素材百科へリンク 素材の無断転載禁止