トップページへトップページへ

卵解除歴 20才男

過去最多の除去品目 卵 乳
現在の除去品目 固ゆで以外の卵 生の牛乳
解除の様子 長期にわたり、ゆっくりと
あったらいいなと思うもの 外食メニューの5大アレルゲン有 無の表示。
マクドナルドのハンバーガーみたいに、「これは卵と乳無し。」と いうメニューが一つあれば、
お店に入れて食べれてありがたい! 友達と同僚と家族と。
卵、乳無しメニューを置く事で、来店人数が アップするので、お店もアレルギーの人もウインウインなプランな んだけどなぁ。


卵と乳のアレルギーは生まれた時から。母乳のみだったので、母 も除去。
幼児期から国立子ども病院(現在は成育に統合)で、今は亡き飯倉 先生にかかり、
   1、耳かき1杯の15分ゆで多々孫の黄身を食べる。
   2、3日で倍(2杯→4杯→8杯…)に増やして行く。
と教わり、記録をつけて再診時に提出したら、大変喜ばれた。
ゆっくりの減感作のはしりの頃でした。
卵黄1/2までいけて、 大病院ゆえのの2時間以上の待ち時間や、プリックテストの時の心ない Dr.の言動に疲れて、中止。

近所の心優しいかかりつけ医(アレルギー専門ではないけど)に変 えて、
時々の失敗(食べてしまい嘔吐下痢〜半日寝てしまう)をし ながら、 中学生で再開。
黄身1個までクリア。

高校では親元を離れた為、自分で、スニッカーズ等卵入りの菓子や パンにトライ。
1度に全部食べてしまうのではなく、少しずつ様子を見ながら。
やがて、1本食べられるようになったそう。



今でもどら焼き一かけで、腹痛が起きてしまうことがあるが、 卵を全く取り込まない期間が1週間をあけないように、固茹で卵か卵 入りパンを食べている。
のどで違和感(イガイガ感)のセンサーが働くようで、少し食べて みると、「これはいける。」「これは無理。」とわかるそう。
その日その日の体調もあるので、傍からはわかりません。