は、ページ中程より。                

 

 

より快適なご旅行のために・・・

楽しい海外旅行への心構え パート2

Preparation for an IMPRESSIVE TRIP, Part II                                                            Tomoko

高校時代から現在までに、国内外転居21回(22年間で)の転々とした生活から学んだ、楽しい海外旅行への心構えパート2

 

My 21 times changing apartments in these years tells me Preparation for an IMPRESSIVE TRIP, Part II.

  自説「旅行を楽しむための3ケ条」Three theories of  "how to make a tour more enjoyable"  

                                             体力 Stamina (Physically and Mentally 肉体的な体力と、精神的な気力)

 

                                             集中力 Concentration(ガイドさんのお話を聞くのも、お買い物も、睡眠も集中力だと思います。

                                                           For example, listening to the talks of tour guides, shopping, sleeping, and all the rest in life )

 

                                                     笑顔 Smile笑顔の魅力、魔力、威力。笑顔で、問題になりそうなことが問題にならなかったりします。

                                         Smile is attractive and powerful.  It is a Magic that can solve almost all problems.

★ この3ケ条は、おそらく、どこの世界(会社)でも通用すると思います。

          補足A. 自説「迷ったら買う、GO、YES」買った後悔よりも買わなかった後悔のほうが大きい。

            お金はあとからついてきますが、時間は、あとからついてきません。どうぞ時間を大切に。

            また、買ったら即、使う、即、写真に残しておく(バックアップとして)ことも大切だと思います。

           たとえ、買ったものがなくなったとしても、写真が残るからです。

P.S. /A. " If you are hesitated to buy or do something, just simply do it.  Go for it."  It is often said that a regret of buying goods is much less than a regret of not buying goods.  Money will follow after you, however, Time will never follow after you.   Please make your time effective.  Also, when you buy something, it is important to take a photo of the thing for back up, because in case you lose the thing, you can still have the photo of the thing, and the photo will last forever.

          補足B. 写真と、お買い物は、たくさんしましょう! その一瞬のお写真は、生涯、もう二度と撮れ

                 ないでしょう。写真とお買い物が、今、旅行しているという大切な証拠品として残ります。

 

P.S./ B. Taking photos and shopping as many as possible !  The scenery are changing every second.  It is very difficult to take the same photo again in the life time.  Please keep in mind that every moment of taking photo will never come back again.  Photos and Shopping are the only second precious visible things that prove you are now travelling, and that last visibly forever in your life.

 

そして、更に、初めての国、町に行く時に、勉強しておくこととして・・・

and, what you might better to study when you travel a country or a city for the first time...

 

 ,修旅颪領鮖法 覆△詢鮖砲寮萓犬おっしゃっていました。今を知るためには、過去を知ろう!と。)

        History of the country (A history teacher once told me that we needed to study the past in order to get to know the present.)

 

◆\こγ詫 (その国、町が、世界地図の中のどこに位置しているか。当然、宿泊先のホテルの位置プラス、施設内容も、事前に調べておきます。

     また、現地に行きますと、7〜10ユーロほどで、ロードマップが売っています。ご興味のある方は、ツアーで走る道をなぞっていくこともできます。)

     World Geography (Where is the country or the town located in the world map?  Of course, you need to check where you stay and

        what amenities there are in a room.  When you go there, a road map is sold around 7~10 Euro. If you are interested in which roads

        you are taking, it is very good that you can mark them during a tour.

 

 感受性を高める。感性や勘を磨く。 

  (本物や、一流のものに触れ、感性、感受性を高め、感動精神を高める。感性が磨かれると同時に、勘も研ぎ澄まされ、

   直感を高めることにもつながります。ある航空会社の教育で教わりました。)

      Brush up your inspiration, instinct, or your so-called six sense.

        Well, it is difficult. Maybe practice makes you better.  Five senses such as See, Hear, Smell... plus one more, that is the six sense.

        With/Through this sense, please experience the real, genuine things as many /much as possible, and brush up your inspiration !!

 

    以上、ご参考までに。 These are all for your references. 

下記、パート1、パート2、パート3を合わせてご参照下さい。

Please refer to Part I, Part II and Part III.

★楽しい海外旅行への心構え★

★SOME TIPS FOR YOUR IMPRESSIVE TRIP ★

 

PART I (パート1)BETTER TRAVEL LIFE(現地での旅行生活) AND

 

BETTER HOTEL LIFE(現地でのホテル生活)

 

PART II (パート2) How to Make a Tour More Enjoyable(転居21回の生活から学んだ旅行を楽しむための3ケ条)

 

PART III (パート3LINKS(現地情報収集他) 

    どうぞ、有意義で楽しいご旅行を!

Please have a nice & safe trip ! 

 

 

 

  

 

Biography = Profile     

Tomoko

 

 (宜しければ、  facebookの基本データと、 アメブロのプロフィールも合わせてご覧ください。)

 

 

★毎日が旅行の連続です。広大な空を駆け巡る飛行機と、移り変わる空の景色と、素晴らしい出逢いを求めて・・・                                           

                                       

                                                                  Life is traveling for experiencing nice flights, beautiful sky and friendship.  

 

変わらぬ永遠の恋人、飛行機と、果てしない空への憧れと、

 

My eternal love, Airplanes, and longing for the beautiful Sky, and

 

離陸の瞬間の感動と、着陸の満足感、快適な空の旅

 

A heart-beating moment of take off, a comfortable moment of touch down, and a nice flight,

 

(ある外資系キャプテンの言葉)a captain from a European airlines says,

 

Enjoy your movie, your meal, and your flight!

 

そして、and,

 

       出逢い(人、景色、食事、買い物等)を求めて・・・ 

 

searching for wonderful coincidences (meeting people, scenery, food, shopping etc.) 

 

今日も、「感謝・感動・感激」を胸に、旅立ちます。

 

Today again,  I will fly in the sky with

" Appreciation, Impression, and Stimulation "  in my mind.   

 

憧れの東京での学生生活は、当時、白金台(高輪)にキャンパスを持つ

某四年制大学フランス文学科から始まった。しかし、フランス語が嫌で嫌でしょうがなかった。

半年で、学校へ行かなくなり、独学で受験勉強を再開し、東京の某短大英文科へ入学。

何とか短大を卒業後、これから始まる社会人生活は、身だしなみ第一の人生

 

 

 鏡から学んだ接客業25年 

 

                                                                                              (20代前半〜20代後半)

              

   ◆日本航空 羽田空港 旅客部 グランドスタッフ

       (Japan Airlines Ground Staff, Tokyo Haneda Airport)

 

  ◆キャセイ・パシフィック航空会社 キャビン・アテンダント(スチュワーデスになることが初心、夢。特に、JALの国際線)

                                              (Pacific Airways Cabin Attendant, Hong Kong Base)

           

 

(20代後半〜30代前半)

 

 ◆沖縄の旅行会社内勤 予約、手配、発券

     (Travel Agent, Japanese Travel agency,  in Okinawa)

 

  ◆沖縄米軍基地内の米系旅行会社内勤  予約、手配、発券

     (Travel Agent, American Travel agency on the U.S. military bases in Okinawa)

 

旅行会社内勤中、一大決心をして、日本での海外留学をと、沖縄基地内のアメリカの大学受験、入学

日本 米軍基地内のアメリカの大学 学士号取得 英語・英文学専攻  (Bachelor of Arts in ENGLISH)

 

しかし、私の英語、英訳は、全く自信ありません。ご了承下さいませ。

I've got BA in English, however, I have no confidence in my English.  I am sorry.

 

The University for mainly U.S. military personnel & their dependants on the U.S. military bases in Japan.

 

このアメリカの大学の卒業までが長かった。短大の単位をいくらか移行できたので、当初は、3年で卒業できる予定だったが、2年通学後、結婚&転居により、学業を離れることに

なった。フランス語を毛嫌わなかったら、22歳で取れていただろう、たかが学士号に、気がつくと、莫大な時間とお金がかかっていた。あのキャップとガウンがどうしても着たかった。

 

卒業までの長い道のり11年

 

主に、米軍人とその家族のための大学で、日本の基地のみならず、アメリカはもちろん、アジア、ヨーロッパの各基地に同大学がある。当時は、沖縄に住所があれば、

入学試験を受けることができた。1995年8月下旬入学。昼間は基地内で勤務、夜間に、通学しながら、あるドイツ-ポーランド系アメリカ人と結婚する。

当時、沖縄基地内では、16時になると就業の合図として、アメリカの国歌が流れていたことを覚えている。勉学と、勤務は両立できても、勉学と結婚生活との両立ができず、

学業を1997年12月で一旦休止。もう卒業は、完全に諦めていた。

 

A Long Way to Graduation 11 years

 

The first enrollment was in August. 1995 in Okinawa.  There, I took regular courses until December 1997. Although, I still had to earn  27 credits, 9 courses to get B.A., big battles, well, very very big fights, almost every day with my ex Marine Corps, ex German-Poland American husband and moving apartments made me give up studying any longer.

 

Then, after 8 years absence, while working as a tour leader, in January. 2005, I decided to purse for B.A. again, by taking on line courses including mid-term exams on line, and by going on bases to take final proctored exams every three month.

 

Finally, I graduated in August 2006, and was able to attend a formal Commencement ceremony in Okinawa in June 2007. Japanese graduates are about 3% of total graduates every year.  Almost all Japanese graduates are on SOFA status (dependants) or workers on bases.  

 

I would like to continue studying Psychology master course, however, I can not afford to pay for the tuition fees, which are about three times higher than SOFA status.  But, life time studying is very important, isn't it?     

 

 

(30代前半〜30代半ば)

 

    結婚8ケ月後、約6年暮らした沖縄を出て、小豆島で結婚生活。

 

  ◆地元リゾートホテル フロント、予約、手配、配膳

                  (Receptionist, Reservation Staff and Banquet waitress at local Resort Hotel, home town)

 

     姓を日本名に戻し3ケ月後、再び、飛行機、空、出逢いを求めて・・・

     戸籍謄本の姓に、結婚、離婚のたびに、二重線が引かれるのが腑に落ちない。

 

     (大嫌いになったアメリカ人。長い間、約5年間、アメリカ人との出会いはずっと封印、避けてきた。最近になって、また!アメリカ人との縁。

      今度は、スイス、スェーデン、イギリス、ドイツ系アメリカ人。

      ひとつの人生において、たまたまあるアメリカ人から受けた傷を、別のアメリカ人が癒してくれれば、嬉しい。もう、アメリカ人嫌いになりたくないと思う。)

 

     ◆外資系 (東南アジア) 航空会社2社 客室乗務員研修&乗務

                  (Flight attendant trainings & domestic flights for 4 months in Jakarta, and 4 months in Bangkok)

 

 

(00代?〜)

 

    ◆現在海外添乗員(ヨーロッパ中心)

       (Tour leader, Tokyo Narita Airport)

  

This is not my dream at all, however, strangely, I have been working as a tour leader more than any other previous jobs. 

 

添乗中、復学を決心。戸籍上の姓を、日本名に戻したことが、復学するきっかけのひとつになった。

 

8年近くも経って、今更、戻るとは思ってもいなかった。2005年1月から、2006年8月末の卒業までオンラインにて受講。大学生活とは別に、今、思えば、アメリカ人と結婚しておきながら、グリーンカードを取得しなかったことが、非常に悔しい。仕方なかった。相手が、日本での生活を望み、生活が日本である以上、グリーンカードを作っても、差し当たって、本当、意味がなかった。

 

授業は、嘉手納、フォスター、キンザー、レスター、トリイステーション、普天間、岩国、横田、座間にて受講。2005年1月、復学後は、添乗中に、3kg近い教材本とPCを持ち歩き、オンライン上の

ヴァーチャルクラスにて毎日、毎週の論文の提出&読解、オンライン上での中間テスト。ある時、ホテルの部屋からネット接続ができないまま、バイオサイコロジーの中間テストの提出締切日がきた。

 

イタリアのローマ添乗中。ホテル近くのインターネットカフェへ行き、中間テストを提出した。また、3ケ月に一度、基地へ行き、一科目3時間に及ぶ学期末試験、少し大変だったが、仕事とは、

何とか、両立できた。あのキャップとガウンがどうしても着たかった。

 

2006年の学士号卒業生は、日本の全基地で、493人(BS425人、BA68人。うち、日本人BS15人 BA3人。)BA離れが目立ちます。日本人卒業生は、ほとんど軍人家族か、基地内軍雇用員。

翌年2007年6月の沖縄で行われる卒業式に出席することにした。基地は、日本以外にもあるため、どこのキャンパスで学んでも、出席できる日取りが合えば、どこの場所で出席してもいい。

ただし、卒業式参加は、もちろん、一度のみ。東京での卒業式は、毎年4月に広尾の山王ホテルで行われ、軍人基地内の大学ということもあり、日本からは、防衛庁の長官や副長官が参列され、

祝辞をいただく。5月は、グアムや韓国で行われ、6月が沖縄。沖縄の卒業式では、日本の軍関係者は列席されなかったがアメリカ国歌が流れ、感動した卒業式だった。心理学で修士課程に進学したかったが、軍人とその家族以外は、学費が3倍も高く、断念。いくつになっても、生涯勉強ですね!

  

                        ★ 大学で習った心理学が意外と役に立つ

 

Psychology that I had learned at university as a secondary works incredibly well at my present workplace.

 

Ms. Susan C. Aldridge in a blue gown is a president of the university.

 

 

 

 

   

◆ 勝手ながら、もう少し、自己紹介をさせていただきます。

 

Well, I will introduce myself a little bit more, please be patient !

 

旅行生活のスタート(1988年からの旧パスポートと、途中を除き、現パスポート)

 

My Travel Life (since 1988  Old passport & Present passport)

◆日本出入国のスタンプの色も、黒から、青に変わりました。

◆ヨーロッパは、2002年1月からユーロが導入され、スタンプも長方形で統一されています。

◆左上には、入国する国のアルファベット、左下には、矢印があり、右向きが入国、左向きが出国です。

◆右上には、入国する際の交通手段が入ります。

◆飛行機で入国の場合は、飛行機のマークが、電車で入国の場合(P.17)は、電車のマークが、また、車で入国の場合(P.25 P.30)は、

   車のマークが入ります。

The color of embark/disembark validation stamps have been changed from black to blue.  In Europe, Euro has induced in many EU union countries  since January 2002, and validation stamps has been unified in rectangular style.  On the left top of the validation stamp, it shows the country's initial where you embark, and on the left bottom, it shows an arrow which points the right, means embankment, and the left, disembarkment.  Whereas, on the right top, it shows what transportation you embark.  For instances, if transportation is an airplane, you can see the mark of airplanes everywhere, if it is a train, you can find the mark of a pretty train on P.17 below.  If it is a car,  you can find small cars on P.25 & P.30.

 

但し、現在、イギリスやアイルランドを除き、主なヨーロッパの国々は、1985年にルクセンブルクにて調印されたシェンゲン協定 (Schengen agreement)とはヨーロッパ各国において、共通の出入国管理政策及び国境システムを可能にする取り決め。アイルランドイギリスを除く全てのEU加盟国及び、EUに非加盟であるアイスランドノルウェースイスの計28ヶ国が協定に調印し、そのうち24ヶ国が施行)に加盟しているため、経由便の場合、通常、日本から到着する最初のヨーロッパの国で入国、そして、ヨーロッパを経つ最初の国で出国になります。加盟国の出入国審査は、非常に簡素化され、パスポートと搭乗券・航空券だけを見て、スタンプを省略される場合が、多くなってきました。

2008年12月から、チェコ、スロバキア、ハンガリーも、シェンゲン協定に加盟し、車(陸路)での出入国審査が撤廃され、これに伴い、2009年3月からは、ポーランド、チェコ、ハンガリー、スロバキア、スロベニア、バルト三国、マルタにおいて、空路での出入国審査も撤廃されました。さらに、スイスも、シェンゲン協定に加盟したことにより、2009年3月より、空路での出入国審査が撤廃されました。従って、最終目的地が上記の国の場合、経由地のEU加盟国にて、出入国スタンプが押されるようになりました。

スタンプを記念に、と思われる方は、出入国審査の際、押されなかったら、一言お声をかけてみるのもいいかも。それでも、押してもらえない場合もあります。帰国後に、渡航証明が必要な場合のために、Eチケットのお客様控えは保管しておきましょう。

Unfortunately or not, for now, except U.K. and Ireland, almost all main European countries, 28 countries have signed Shengen agreement, which was first signed in Luxembourg in 1985, and in 24 countries, we can go in and out between borders without passport control . Therefore, we can normally embark and disembark at the first port in Europe.  Since last December, Czech, Slovakia, Hungary have signed a Shengen agreement, and have followed no validations necessary on land travels in borders, and since this March, in these countries, no validations have been necessary for air travels too.  Neither have Poland, Slovenia, Balt, and Malta.  Switzerland have also signed a Shengen agreement, and have followed no validations necessary for air travels.

 

Passport control is now getting easier than before. They just look at the first page and a boarding pass, and let us go without a validation stamp.  If you want a validation stamp, please ask them that you want it, but even if you do so, some immigration officers do not put a validation stamp.  So, please have your copy of E ticket itineray with you for certifying that you actually went abroad.

◆ 趣味  My Hobbies

 

◆飛行機に乗ること。そして、出逢いと別れの織り成す空の玄関口、空港で、飛行機の離発着を見ること!

 

      仕事外(OFF DUTY)で乗りたいクルーは、空席がある限りスタンバイチケットで乗りますが、

          全クラスが満席の時、それでも、乗りたいクルーは、コックピットのオブザーバーシートに座らせていただきます。               

                

               コックピットの窓から、正面一面に広がる夜の滑走路、絶句でした。 赤、青、緑、黄色のライトです。    

 

◆水泳(プールで1000m以上)と、ジム(トレッドミル購入。自宅でもウォーキング&ランニング)

 

◆写真 (トップページから今までに訪問した世界の国々の写真をご覧下さい。)

 

◆買い物 (25年以上、ルイ・ヴィトンの愛好家です。)

 

   

 Hobbies:  Taking airplanes as many times as possible, and Watching airplanes' take offs and landings at airport.  

                        *** RUNWAY at night is marvelous!***                                                                 

Swimming, Walking & Running

Photo collection           

Shopping Louis Vuitton (25年以上前より愛用) 

Blogging 

 

    

フォーマルにもカジュアルにも合うと思っています。モノトーンが美しい。コレクターと化しています。下記写真は、最近のコレクションから(パリのページにも掲載)。約3年に1度、買ってきましたが、名刺入れは、チェコのプラハのホテル部屋内に置いてきて、(置いてきたものと全く同じものを買うのは心が痛むため)、その後、 カード入れを買って名刺を入れていましたが、今度は、パリのタクシー内に置いてきたため、もう、しばらく買わないことにしました。2年近く買いませんでした。しかし、ないと不便なため、2009年6月、また、買ってしまいました。

         

名刺入れ、続いてカード入れと買っては置いてきたため、初心に戻り、名刺入れを買ったのですが、よく見ると、名刺入れは、"Made in Spain"となっていました。びっくり!急いで、買った支店に電話して、"Made in France "の名刺入れはないのか、確認。なかなか電話に出ない上に、このことを知らない店員もいました。 時間が大切ですので、腑に落ちないまま、本店に電話。本店の店員さんは、熟知していて、最近のヴィトンの小物の一部は、スペインで生産されている とのこと。倉庫のストックを探しても、どこの店舗で探しても、"Made in France "の名刺入れは、今や、ないとのこと。そういえば、気のせいか、皮の香りが私には、いつものなじみの香りと少し違うように感じました。

(注意: 買ってみて初めてわかりましたが、スペイン産でも、フランスでの技術が、正確に伝授されて生産されていますので、今までと変わらない優秀なブランド品です。ご安心下さい。)

 

 ご存知でしたか?よくご覧下さいませ。ルイ・ヴィトンの名刺入れは、現在、全て、"Made in Spain"となっています。

 3,4年前に買った時は、確かに、"Made in France "でしたが。

My favorite brand is Louis Vuitton, only Louis Vuitton  for 20 years.  Especially, Monotone is my favorite.  I have become a Louis Vuitton collector.

Here are some bags that I have recently bought.  Beautiful !  But, As I lost  Louis Vuitton business card holders twice, maybe I left it in my hotel room in Praha,

and in a taxi in Paris, I have decided not to buy them again.  But, I bought a new business card holder again in June, 2009.  

 

You never know if you do not buy Louis Vuitton small brands. Nowadays, there are some small Louis Vuitton brands which are "Made in Spain" !  

I can physically tell the difference between "Made in France" and "Made in Spain" by its smell.  

A Vuitton Staff told me that they would produce more small brands in Spain in the near future.

She also told me that "Made in Spain" brands were also very excellent.  I agree with her on that.

 

About every three years, I buy Louis Vuitton brands.  However, it might be better to think about saving money instead.

Saving money or shopping Louis Vuitton?  It is a very difficult question for me now.

 

2011年 秋の新作 ルイ・ヴィトン ヴェルニ (アルマは、このブレアよりやや小) (2011.10.1購入)

 

概算ですが、ここ10年、研究した結果、フランスのほうが、日本の定価より、約4割安いです(消費税払い戻し後)。

 

買い物も一つの趣味ですが、この趣味を、消費税払い戻し手続きを体験すること等、

 

仕事に有効に生かせるよう、自費で買って、努力&研究を続けております(本音)。

 

 

そして、2013年2月5日、新作 スピーディ・ハンドリエール25の赤を購入。凝りないバッグ好き。

 

本当、もうこれで、最後にします。 宣言 (^O^)

 

これ、収納性抜群です!ヴェルニのアルマGM以上に入ります!

 

ヴィトンのバッグの新作も、年々、値段が上昇しています (^^; (^_^;) (ーー;) それでも、フランスで買うのがお得★

 

 

 

◆そして、今の時代ならではの趣味をもう一つ! 

 

記事投稿(フェイスブック、ブログ、ホームページ、メルマガ)です。

 

Tomoko

 

 

記事投稿の中でも、今、一番、力を入れている更新は、フェイスブックです!

 

友達リクエスト大歓迎です。すぐに、承認致します。

 

宜しくお願い致します!♥♥

 

◆ 番外編 Pet  一番最後に飼っていたねこ(名前:ミーコ まだ、子猫の時の写真)

 生まれてすぐに、アパートの入り口前で、動くこともできず、一晩も、声だけ大きく泣いていたので、飼い始めた子猫。この日は、猫を連れて長距離ドライブに行った日で、海を怖がり、体調を崩したのか、セフィーロの後部座席に乗せていたところ、嘔吐してくれた。大切なCefiroセフィーロの中で、車酔いをしたのは、この猫だけである。写真は、沖縄の遠浅の海で、水につからせて、離れたところ。叫ぶように怒り出し、怖がっている様子。  

Here is my cat, named Miiko.  She was born in front of my apartment, could not move, and cried the whole night with a loud voice.  So, I decided to feed her and raise her up in my friend's house.  The day I took this photo was the long distance driving day in Okinawa, Southernmost Japan.

She was very scared of the sea, and this maybe made her to throw up at the back seat of my lovely and important Nissan Cefiro.  She was the first and the last who thew up in my car, but she was always very humorous and CUTE !  

 

  

     

                                                                                         ご訪問、ご精読、誠に、ありがとうございました。

                                                                                    Thank you very much for visitng my website & reading my long essay.