2006.4/7-4/14  2009.10/5-10/13  Portugal

1. リスボン 2.シントラ 3.ロカ岬 4.エヴォラ 5.ナザレ

ファド・ショーはこちらを

リスボン

発見のモニュメント 東側から

大航海時代の先駆的指導者、エンリケ航海王子を先頭に、

その当時の科学者、探検家、芸術家、地図制作者、宣教師約ら、約30人のポルトガル人の像が西側、東側に並ぶ。

インド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマは、前から3人目

 

飛行機と、地球儀(地球儀の紋章は、ポルトガルの国旗にも使われている)

潮の香りがするベレン港

ベレンの塔

 

道に描かれた世界地図

 

ヨーロッパ大陸 イベリア半島 ポルトガル(紋章が目立つ)

アフリア大陸(左)と、アジア・ユーラシア大陸(右)

南米大陸

日本は、小さく描かれている。 

ポルトガル人が日本(豊後)に漂着したのは、1541年 (その後、種子島漂着は、1543年) 

ジェロニモス修道院

ヴァスコ・ダ・ガマの石棺 (帆船が彫られている)

叙事詩人 ルイス・デ・カモンイスの石棺

回廊

 

 

修道院内、回廊、至る所に、マヌエル様式(後期ゴシック時代)が見られる。

マヌエル王が即位した時に、大航海時代に入ったため、大航海を象徴する、なわ網模様をマヌエル様式と言っている。

   

鶏は、ポルトガルでは、縁起物 (中ほどに、鶏が彫られている)

町の中心広場の一つ ロッシオ広場 

ヴァスコ・ダ・ガマ

空港に近いホテル、マリオットリスボンから見た夜景

ホテルマリオットリスボンから見た、最終着陸態勢に入った飛行機が中央に光っている。

ある一定の高度から、光を強く発しながら下降していった。

同室から撮影。日中 最終着陸態勢に入った飛行機。

    

ご訪問、ご精読、誠に、ありがとうございました。

Thank you very much for visitng my website & reading my long essay.

1. リスボン 2.シントラ 3.ロカ岬 4.エヴォラ 5.ナザレ

ファド・ショーはこちらを