就職活動準備

就職活動サイトの狙い目はどこ?

就職活動で、効率よく企業にエントリーするのに便利なのが就職サイト。就職サイトに登録しておくことで、就職活動がズムーズになります。インターネットからのエントリー限定でしたk受け付けていない企業もたくさんあります。

この就職・求人サイトですが、現在では、たくさんのサイトが運営されています。サイトによって特色も様々ですが、

「どの就職サイトに登録すればいいのか?」など、悩む人も多いようです。

そこで、使いやすさ、企業の数、就職活動に関するコンテンツやランキングなど、特に就職活動に便利なサイトはどこか調べてみました。


リクナビ

数ある就職活動サイトでも、一番有名なのがリクナビですが、なんといっても、掲載会社、企業の数は

他の就職サイトをはるかに上回っています。

リクナビは主に企業へのエントリーに使用すると良いでしょう。モバイル版のリクナビもありますので、外出先で携帯を利用して就職活動の選考結果を確認したり、説明会の予約などをすることができます。

リクナビの良いところのひとつにメッセージボックスがあります。企業からのダイレクトメールは、自分のメールアドレスにではなくて、リクナビ上のメッセージボックスに送信されるので、余計なメールを受信しなくてすみます。

コンテンツやデータ収集に利用したい就職活動サイト

毎日就職ナビ

就職活動に役立つコンテンツや記事が豊富なのが、毎日就職ナビ。

ここは、企業へのエントリーというわけではなく、エントリーシートを書く際に読んでいました。掲載企業数ではリクナビより少ないですが、就職活動を支援する記事やコンテンツなどがとても充実しています。

毎日就職ナビで使いにくく感じたところは、会員登録してある志望の職種業界とはあまり関係がない企業からのダイレクトメールが結構多いところです。その点はちょっとマイナスポイントでした。


日経就職ナビ

日経就職ナビは、就職活動のデータ収集に役立つサイトです。日経調査のデータを読んだりして就職活動の参考にしていました。

例えば、「新卒採用内定調査(※志望している業界が採用に積極的かどうか)」や「優れた会社ランキング」などです。

ただ、このサイトも結構コンスタントに企業からのダイレクトメールがきますね。