過去の
ホームページ
2017
4月(75号)
3月(FBダイジェスト)
2月(74号)
1月(FBダイジェスト)
2016
11月(FBダイジェスト)
10月(71-73号)
8月(70-2号)
8月(70-1号)
4月(70号)
2月(69号)

2015
5月(68号)
2月(67号)
2014
9月(66号)
5月(65号)
3月(64号)
2月(ミニマニフェスト)
2013
12月(63号)
7月(62号)

6月(61号)
5月(60号)
2月(59号)
2012 
6月(58号)
3月(57号)
2月(56号)
1月(55号)

2011
12月(54号)
11月(53号)
10月(52号)
9月(51号)
8月(50号)
7月(49号)
3月(47号)
3月(46号)
1月(44号



 クリックでページが開きます。

↓↓  ※クリックするとPDF版がダウンロードできます。  ↓↓
田川通信2017.夏号 
 
  田川通信夏号&FACEBOOK記事セレクト
 
  地域実績 
  2017年7月31日 
 

   西区アルパーク近くの遊歩道のビフォー・アフターです。利用者の方からの通報で直ぐに対応しました。
 
   県政活動
   2017年8月6日
 

 
被爆72年・広島原爆の日③韓国人原爆犠牲者慰霊碑に献花】
6日、被爆72年、「広島市原爆死没者慰霊式、平和祈念式」に出席の後、山口那津男党代表、齊藤鉄夫幹事長代行、広島県議、市議とともに韓国人原爆犠牲者慰霊碑に献花しました。
韓国人原爆犠牲者慰霊碑は、本川橋たもとの緑地帯に、亀を型取った台座の上に高さ約5mの碑柱。1970年(昭和45年)4月、在日本大韓民国居留民団広島県本部などが中心になって建立されました。
その後、「碑が平和記念公園の外にあるのは民族差別だ」という声があがり、1999年5月に現在の位置にある公園内に移設されました。
碑文には「第二次世界大戦の終わり頃、広島には約十万人の韓国人が軍人、軍属、徴用工、動員学徒、一般市民として在住していた。 原爆投下により2万余名の韓国人が一瞬にしてその尊い人命を奪われた」と記されています。
広島で犠牲になった(南北を合わせた)朝鮮半島出身者は2~3万人と推定されます。 これは広島全体の犠牲者の約1割に当たる数字です。
山口代表は 日本被団協主催の「原爆死没者追悼慰霊式」や記者会見でも、韓国人原爆犠牲者について触れられ、核兵器なき世界の実現へ、全力で取組む事を訴えられました。 
(山本 博司さん投稿記事)
 
   2017年8月6日
   【被爆72年・広島原爆の日②「広島県原爆被害者団体協議会 被爆72年原爆死没者追悼慰霊式」に山口代表と共に参加】
6日、被爆72年 広島原爆の日。「広島県原爆被害者団体協議会 被爆72年原爆死没者追悼慰霊式」に山口那津男代表・斉藤鉄夫幹事長代行と共に出席しました。
広島県被団協理事長・日本被団協代表の追悼のことばの後、来賓代表として山口代表があいさつ。
「被爆から72年が経過し、あらためて原爆死没者の皆様の御霊に心から哀悼の意を表します」と述べた上で、オバマ大統領の広島訪問と国連での核兵器禁止条約採択が実現した事にふれ、核兵器のない世界の実現に向けて、公明党が核保有国と非保有国との間の橋渡しの役割を担っていく事。
具体的には核保有国と非保有国、双方の国々の有識者会議「賢人会議」の開催の実現に努力する事など話されました。
本日は、「広島県動員学徒等被害者の会 第61回原爆追悼式」にも出席し、献花。追悼の祈りを捧げました。
最後は山口代表の記者会見にも同席。核兵器のない世界へ向け、全力で戦ってまいります。
(山本 博司さん投稿記事)
 

 
    2017年8月6日
    広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に出席。湯崎知事の挨拶に「原爆という言葉を聞くのもいや、話すのもいや。原爆という言葉を聞くだけで熱い鉄板を押し当てられたようなあの日の思いが蘇ってくる」という被爆者の手記が読み上げられました。爆心地から1.4キロで被爆した私の母親の体験です。今年5月、核拡散禁止条約再検討会議・準備委員会でのシンポジウムで私が読んだ原稿を引用してもらいました。感動! 
 
   2017年8月5日
   
   韓国人原爆犠牲者慰霊祭並びに追悼会に出席しました。あまり知られていませんが、韓国人の死没者は、2万数千人という多さです。心から哀悼の誠を捧げます。
 
   2017年7月26日
   

今日は一日、平和のための行動をしました。午前中は、原爆特養の神田山やすらぎ園、矢野おりづる園を慰問いたしました。その後、原爆慰霊碑、韓国人慰霊碑に献花。夜には、党の平和創出大会に出席しました。「平和を語る人は多い、だが行動する人は少ない」先輩の言葉に想いを馳せる一日でした。

2017年 5月
  核拡散防止条約(NPT)再検討会議・準備委員会で同時開催された国際シンポジウムに出席。被爆二世として核廃絶のための連帯を訴えました。 

 2017年8月
  警察商工労働委員会の所属並びに社会基盤整備対策特別委員長への選任が決定。特別委員会は、防災・減災対策や安心の医療対策に注力します 

2017年5月 
  毎年、修学旅行生を県議会に向かえて、私の取り組んできた平和運動についてお話をさせて頂いています。本年は、岐阜県の中学校2校が来訪。 
 ~ ご意見・ご要望をお待ちしています ~
 

公明党広島県議会議員団  
閲覧頂きありがとうございます。
あなたは、 アクセスカウンター 人目の訪問者です。
 



■田川じゅいち事務所
広島市西区南観音1丁目9-16-102
TEL (082)293-6569 FAX (082)293-6683
E-Mail 田川寿一(tagawa555@yahoo.co.jp)
※ご意見・ご要望をお待ちしています。Sorry this homepage is Japanies onlySince 2003.05.17

Copyright (C) 2003-2017TagawaJyuichiHomePage. All Rights Reserved.

Produce By Aiwings㈱