自動車部品・医療機器部品・航空機部品・携帯電話部品・カメラ部品・パソコン関連部品・半導体部品・通信機器部品・計測機器部品・光学機器部品・アミューズメント機器部品・建材機器部品・電子部品のモノづくり なら モノ遊人=株式会社ハイ・ブリッヂ 金属加工(5軸MC/複合NC旋盤/レーザー/ワイヤー/放電/ウォータージェット/金属エッチング)なら株式会社ハイ・ブリッヂ

光学部品(薄膜フィルター・レンズ・プリズム・ガラス加工他),精密金属・樹脂加工部品(5軸MC加工・複合NC旋盤加工他),ハーネス・治具機器などモノづくりを扱う株式会社ハイ・ブリッヂ

株式会社 ハイ・ブリッヂ                            High-Bridge Inc

営業品目
☆光学部品(設計から製造)
■光学フィルター(多層膜)
■光学フィルター(金属膜)
■レンズ(球面・非球面)
■高精度プリズム
■精密ガラス加工
■平行平面基板
■結晶光学部品
■レーザー光学部品
■プラスチックダイレクト切削
■レンズ成形
■ガラスエッチング

☆金属・樹脂精密加工品
■5軸マシニング・複合NC旋盤
■レーザー・ワイヤーカット
■ウォータージェット
■微細放電・超音波
■金属エッチング
■ワーキングモデル切削
■インジェクション成形
■光造形・真空注型
■超高精度パンチプレス
■精密板金・プレス

☆ハーネス・治具機器
■電源・信号用ハーネス加工
■同軸・電装用ハーネス加工
■簡易治具・検査治具
■省力化機器の設計製造

→  Guest book
→  E-mail















Yahoo!ジオシティーズ
→Home    →Company Profile    →Products    →樹脂・伸銅加工    →ハーネス・冶具機器

金属加工

  5軸マシニング・NC自動複合旋盤・フライス/レーザー加工/

        放電加工/ウォータージェット加工/超音波加工/金属エッチング                

 img54.gif

【5軸マシニング加工・NC自動複合旋盤・フライス】

超精密切削加工全般(曲面・外形・穴あけ・タップ等)

 5軸マシニング機により複雑・難形状の加工も可能です。

 下記の各々の加工機を使用し、試作品1個から月々の量産品まで

ご要望に対処可能です。

 

 《産業分野》

   自動車部品・医療機器部品・航空機部品・

   携帯電話部品・カメラ部品・パソコン関連部品・

   半導体部品・光通信部品・計測機器部品・

   光学機器部品・アミューズメント機器部品

   建材機器部品・電子部品 等

 

 《加工材質》

   下記【対応材質】の項目をご覧ください。

   また、特殊な材質の「チタン」「タングステン」

    「コバール」「インコネル」「ハステロイ」

    「モリブデン」「タンタル」「セラミック」

    「純ニッケル」「ベリリウム銅」「カーボン」

    「パーマロイ」等の加工も対応致しております。

 

・マシニング(NC)    

 Numerical(数)Control(制御)の略

 高精度マシニングセンターにて、お客様からいただいたCADデータは、CAD/CAMに取り込みNCデータ作成、削用工作機械で座標位置を制御しながら3次元削り出し加工が可能

* 『5軸マシニング』

 X軸、Y軸、Z軸、+A軸(X軸に対する回転軸)orB軸(Y軸に対する回転軸)、C軸(Z軸に対する回転軸)、の5本の軸で構成される。多くの角度情報を持った複雑なワークに対し、任意の角度からアプローチが可能です。

そのため複数の加工面を掴みかえることなく同時加工(ワンチャック加工)することが出来るので、角度の割り出し加工を高精度に行うことができ、

製品ごとの制度のバラつきを抑えることが可能です。

 必要最小限の治具製作で多数の面を加工可能なため、工程集約、工数削減にも大いに役立ちます。

 

・フライス

 別名:ミーリング

 回転している工具に、バイスで固定した材料を当てXYZ3軸の加工をおこなう。 フライス盤には、回転軸が垂直方向にある縦フライス盤と水平方向にある横フライス盤の2種類あり。横フライスは加工速度は速いが工具取り付け難や加工形状に限りがあり、縦フライスは

汎用性に優れる。

 

・NC自動/複合旋盤

 フライスとは逆で、加工物を回転させて、刃物を当てて切削する工作機械

 

 

 

 img55.gif  【レーザー加工】

 レーザー光線のエネルギーをレンズを使うことで、1点に集束し、加工物の外形加工、切断、穴あけ加工を施す。非接触加工の為、加工素材表面に凸凹や湾曲があっても加工可能。

UVYAGレーザー・YAGレーザー・CO2レーザー・エキシマレーザーの4種類。

他YAGレーザー溶接加工 

 

・UVYAGレーザー

 YAGレーザーの基本発振波長である1064nmを非線形結晶という特殊な結晶で波長交換をおこない、発振波長355nmのレーザー光を発振する。波長が短くなるとフォトンエネルギーが高くなり、アブレーション加工と呼ばれる熱影響の少ない加工がおこなえ、ビームも絞れる為に微細加工に有効です。

 

・YAGレーザー

 YAGロッドと呼ばれる固体のレーザー媒体をLDで励起発振するレーザー発信器の総称で、波長1064nmの近赤外光を発振します。UVYAGレーザーに比べ出力が高く、熱加工により材料を加工する為に金属切断やセラミック加工に適しています。

 

・CO2レーザー

 適量のヘリウムと窒素を混ぜた炭酸ガスに放電を加えて波長10μm前後のレーザー光を発振します。大きな出力を得やすく、kw級の大きな出力のレーザーもあり、一般的な加工用レーザーです。波長が長い為ほとんどの材料で吸収が起こり熱加工が進みます。

 

・エキシマレーザー

 レアガスとハロゲンガスに高い電圧を瞬間的にかけることで、紫外領域での高い出力のUV光を発振します。ビームが太く、パルスエネルギーも大きいので、ビームを一点集中で絞る加工よりも、比較的大きい面積を高い照射強度で一括処理をするような応用、波長が248nmと短いため微細加工に適します。

 

 

【放電加工】

被加工物である金属と加工工具である電極とを絶縁する加工液を介し、電気エネルギーを加え、その時に発生する火花エネルギーにより、被加工物の表面層を微細に除去加工していく方法。

ワイヤーカット・型彫放電・細穴放電の3種類。

 

・ワイヤーカット放電加工

 細いワイヤーを加工工具としてテンション(引張力)をかけた状態でワイヤーを走行させながら、加工物と電極間に放電を発生させ、この放電エネルギーにより加工します。

 

・型彫り放電加工

 異形の工具を用意加工すれば、そのまま異形の穴あけが可能で、加工物と加工工具(電極)に放電を発生させ、加工物を加工していくので、加工工具(電極)の形がそのまま転写されます。

 

・細穴放電加工

 長穴放電加工を専門に加工できる工作機で、回転する電極内部に時には100kgf/sm2近い水圧を送り込み、安定した穴寸法、または小径の長穴を加工します。 

 

 

【ウォータージェット加工】

ウォータージェットを超高圧水小径ノズルから噴射し、高速水ジェット(噴流)のエネルギーを利用し外形加工、切断、穴あけ加工を施す。発熱がない為、金属、樹脂、木工、特殊素材加工可能。

ジェット切断とアブレシブ切断の2種類。

 

・ジェット切断

 超高圧水のみの噴射にて切断加工をおこないます。

・アブレシブジェット切断

 超高圧水に研磨材を混入させ切断加工を行います。切断能力が上がり、硬質素材の加工も可能です。 

 

 

【超音波加工】

40kHzの超音波ロタリースピンドル加工技術

加工形状と雌雄対称の断面の工具の超音波振動(長手方向の振動)と砥粒及び加工圧を併用して微量ずつ破砕し、穴あけ加工、タップ加工、溝加工、センターレス加工、研磨加工を施す。

カケ、バリ、クラック発生が極めて少なく、加工歪みが少ない。

ガラス、石英、ルビー、サファイアの加工も可能です。 

 

 

 【対応材質】: アルミ、ステンレス、鉄、真鍮、チタン、モリブデン、インコネル、ニッケル、金、

            銀、超硬、コバール、タングステン、ベリリウム銅、樹脂、セラミック  等

                            記載材質は一部で他材質も幅広く対応致します。

 

 

   img56.gif   

 【金属エッチング

化学的な精密加工技術

金属などの素材に写真製版プロセスを用いて、必要なパターンに耐食膜を形成し、部分的に腐食させる。精密写真画像により加工形状を決定するため、金型を使わずに複雑・微細な形状をミクロンレベルの精度でパターンが可能です。

 

 加工素材厚:0.005t〜2.0t  その他の板厚はご相談

 コーナー形状:外側角Rは板厚の80%  内側角Rは板厚の40%                           サイドエッチ:横方向のエッチングは必ず発生します。

       両側エッチングの場合、板厚の10%以内

       片側エッチングの場合、板厚の20%以内

 寸法公差:素材・板厚で変化するため、一般的には板厚の±10%〜15%が標準寸法公差

 ブリッチ:製品をつなぎ止めておくのに必要で、製品の形状によりご指定下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはお気軽に左記の「E-mail」からご連絡下さい。

 

 

 

 img57.gif