東京・遊ぼナビtop  

 カフェ・居酒屋

  Picasaで写真編集 

  東京ベイエリア

  長崎・大浦天主堂

     グラバー邸

          長崎港

         ガラス細工

          平和の泉

        ドックハウス

    ザボン・カステラ

 <長崎イベント情報>

冬の祭典  長崎ランタンフェスティバル  1万5千個のランタン(中国提督灯)が長崎の街を彩る灯火の祭典。

秋の祭り  長崎くんち  日本三代大祭りの一つである諏訪神社の秋の大祭り。

夏の風物詩  長崎港祭り 鐘楼流し

春のイベント  長崎帆船祭り  ハタあげ

 

 

 

 

           < 旧三菱第二ドックハウスから観た長崎港>

 

 

         正面左手には稲佐山が見える。

    

長崎を旅して思うことですが、市街はもちろんのこと田舎に行っても、おじいちゃん・おばあちゃんたちまでもがお洒落感覚なんですね。それもこれも、長い鎖国時代もここだけは外に向けて開けていたからでしょう。

 

右に記した<長崎から各地へ広まったもの・・>の中にけん玉というのがあります。けん玉がもともと日本にあったものではなく、外から入ってきたものだということは興味深いことです。ボーリングの発祥の地はアメリカなのでしょうが、日本では1960年代に東京から始まったものだとばかり思ってました。

明治以降に入ってきたものは、東京から広まったことが多いのでしょうが、それ以前はここ長崎から広まったことが多いことは納得できます。

 

 

                  < 長崎市内の代表的光景>

長崎市内では、自転車に乗れない人が多いとか。坂道が多いので自転車は役に立たないというのがその理由です。 データ的根拠はありませんが・・・

 長崎で感じるのが石畳と坂道、坂道を歩きながら、つい、よいしょ!と言ってしまいそうなほど坂道が多いのだ。それがまた長崎らしい良さでもある。この坂道は大浦天主堂、グラバー園へと続く道、わきの建物は洒落たみやげ店である。グラバー園が異国を思わせる建物だからだろうか?みやげ店も洋風な建物ばかりである。

 

    ドックハウス室内  

 

 

 

   ドックハウス・暖炉

 

 <長崎から各地へ広まっていったもの・・

 国鉄道発祥の地(営業ではなかったが最初に鉄道が走った)   最初のアスファルトが敷かれた  西洋料理  国際電話  鉄橋 テニスコート  バドミントン  ビリヤード ボウリング  けん玉

 

 

 

       ←< 東京・遊ぼナビtop >                                                                                  <  ザボン・カステラ  →