初心者にも分かりやすく Picasa 無料写真編集ソフトの使い方 説明してます。

                            画像を載せながら語る 女性ヌード・エロティシズの世界。 ピカサ3で編集加工

                                                             鉛筆で描く 美しいヌード を紹介してます   

 

 

      

 

 

 東京・遊ぼナビtop  

    豪徳寺 

   等々力渓谷

   東京ベイエリア

   生田緑地園

   小泉次大夫堀公園

          野川

          仙川

      多摩川

     下北沢

     成城  

     三宿

    

   Picasa 無料

 <  ダウンロード > 

 

 

                    < Picasa で写真編集 >

ショウウィンドーを撮ったものです。<モノクロ効果>を使い、<フィルムグレイン効果>をかけ、<ソフトフォーカス効果>で仕上げてみました。

カメラは2年前に購入した CASIO EXILIM (600万画素)ですが、とにかく優れものなのです。ほとんどの場合、オート設定でとります。ピント・光量は中央で検出するように設定してあります。最初に、撮りたい対象に合せてシャッターを半押しした状態にします。そのままでは上手く撮れないと思われた場合、光の量・焦点距離などを変えたい場合は、周囲を見渡して、適当な光の量・焦点距離を探します。そこを画面の中央にもっていき、半押しした状態にして、元の撮りたいアングルに合せてシャッターを切ればよいわけです。これが、オート設定にしたまま、好きなように撮るスキル?なのですが、いかがなものでしょぅ・・

   

 写真の編集ですが、しょっちゅうピカサを使っていると、自分の癖みたいなモノがあり、同じような編集加工ばかりしてしうこともあります。それを、自分の形や個性として考えることもありますが、あまりいい意味でない癖にもなってしまいますから、常に新たな可能性にチャレンジしていくような試みも大切ですね。 HDR風加工ばかりしてしまう人とか、オートン風処理ばかりして、絵画のような画像にしたがる人とか、良くも悪くも、人にはいろいろな個性やこだわりがあります。 

写真が難しいのは、とりあえず、メカにマメでないとカメラ操作が巧くいきません。 現在はデジタルばかりですし、ディスプレイで見ることばかりが優先しますから、印刷するための技術は後回しになります・・・ピカサは圧縮率が高く、印刷物にするには画質の劣化が著しいです。

 

  

 

 

   Picasaで編集

    切り抜き

     傾き

     傾き

  I'm feeling lucky

   自動コントラスト

       明るさ

    シャープ

    セピア

   モノクロ

   ウォーム

 フィルムグレイン

    ティント

 サチュレーション

 ソフトフォーカス

     グロー

 モノクロフィルタ

モノクロフォーカル

  グラデーショ

 

 

 

    < ウォーム >