< デジタルカメラの選び方 >

 デジタル一眼レフではなく、コンパクト・デジカメの選び方について紹介したいと思います。 デジタル一眼レフについては、他サイトでも詳しく紹介されていますが、コンパクト・デジカメの紹介では(画素数など数字的なことばかりが先行し)本当のところは語られていないようですから。 また、ネオ一眼レフまたはオールインワンといわれるカメラ本体とレンズ一体型のものについても紹介していきます。 

人物写真(ポートレイト)を撮ってみませんか? 写真を撮るのですから当然のことですが、撮影に関する技術や知識は必要です。 ですが、最も大切なことは、モデルさんとのコミュニケーションなのです。 写真は一瞬を捉えるわけですから、変な緊張感があってはモデルが強張った表情になってしまいます。 わざとらしさのない自然な表情を捉えなくてはなりません。 それに何よりも、モデル(被写体)のリラックスできる雰囲気作りは大切ですね。

 画像を載せながら語る  女性ヌード・エロティシズ の世界。 ピカサ3で編集加工した画像です フェイスブック 作品集

  

 

 

 

web上で表示される画素数について

PCのディスプレイは1024x768 ピクセル(80万画素)程度ですし、大き目の画像を載せるにしても、640x480 ピクセル〔30万画素)程度までです。 たとえ、1000万画素以上のサイズで撮っても、縮小(間引き)しないことには載せられません(載せたとしても、ディスプレイから大きくはみ出してしまいます)。 それと、640x480 ピクセル〔30万画素)の画像と1000万画素で撮ったものを縮小した画像を比較した場合、縮小(間引き)した分は(1000万画素で撮ったもののほうが)画質の劣化が起こる可能性もあります。

したがって、web上で使用する場合は、640x480 ピクセル あれば困らないわけですから、30万画素あれば十分だということが分かります。 最近売り出されてるコンパクト・デジカメには1000万画素を超えるものも多くありますが、PCで表示する場合(web上で見る場合)は何ら役には立ってない(画素数にお金を出す意味はない)ことが分かります。 また、サイズの大きい画像はPCにも負担がかかり、重くなる原因にもなります。

それでは、印刷 (プリントアウト)する場合はどうか

結論から言えば、300万画素あれば(A4サイズの)印刷には十分です。プロのカメラマンでさえも、これ(300万画素)以上のサイズの必要性を感じることはほとんどありません。

現在市販されてるコンパクト・デジカメのほとんどは600万画素以上ありますが、これ以上の画素数があっても何ら意味がありませんし、それどころか、別の意味で困ったことが起こってくる可能性さえあります。

それは、撮像素子 (映像を記録する部分)をデジタル一眼レフと比較すると、コンパクト・デジカメの場合はおよそ1/30以下の大きさになります。 コンパクト・デジカメの場合、小さな器の中に(1000万画素という)大きなデータを詰め込もうとするわけですから、機械的な開発が進んでいるとはいえ、無理が生じることも考えられます。ここでも、画質の劣化の生じる可能性があります。     

以上のことから、

@ 画素数にお金を出しても意味がない。 ケイタイのカメラが300万画素あっても何ら意味がないことと同じで、コンパクト・デジカメが1000万画素以上あっても意味がない(300万画素あれば十分)。 それ以上のサイズのものは(特に大きなサイズにでも印刷しない限り)必要ないということです。 メーカーが画素数で競うのは、(画素数=性能と考える)ユーザーの側にも責任がありそうですね。

A それでは何で選ぶか?といえば・・・メーカー・機種などによってそれぞれ色の出方に個性がありますから、撮られた画像を比較しながら好みものを選ぶことになります。また、デザイン・操作性なども自分に合ったものを選ぶのは当然のことと思います。できれば、手ブレ防止機能が付いてるものがよいです。

主に風景写真を撮るなら、空の青・自然の緑が美しく見えるかどうか。 人物を多く撮るなら、肌の質感・色合いなどが馴染めるかどうか。 室内もしくは自然光の少ない(薄暗い)ところでの撮影が多くなる方は、光のあたる部分よりもむしろ影の部分の色合いの出方に拘って選ばれるとよいでしょう。

 

                    <ピカサ3で画像編集してます↓>

 

               画像を載せながら語る 女性ヌード・エロティシズの世界。

                                ピカサ3で編集加工した画像です

                      

                          四季の風景・寺や寺院・公園・海・港・川などの画像

                                         自由に使えるフリー写真

                      3000枚載せてます。それらの画像はすべてフリー・無料です

 

 

 

 価格について

価格的には、コンパクト・デジカメが1万〜3万で買えるとすれば、ネオ一眼レフまたはオールインワンといわれるものは2万〜6万位の値段になります。 一昔前までは、レンズまで入れれば、デジタル一眼レフは10万以下では手に入りませんでしたが、最近では3万くらいから手に入るようです。  最近では、カメラそのものに編集加工機能が内臓され、例えばレトロな感じで取りたいのならば・・・とか、編集ソフトを使うこともなく色々な趣きある写真が撮れるカメラがで始めてます。 値段のそこそこなので、女性には人気があるでしょうね。 それと、デザインが良いこともあります。

 

 

 

 ネオ一眼レフまたはオールインワン といわれるものについて

レンズ交換のできない一眼レフと考えればよいでしょう。  とはいえ、撮像素子 に関して言えば、コンパクト・デジカメよりは大きくなりますが、一眼レフには及びません。 

かさばることを除けば、コンパクト・デジカメよりは撮像素子も大きく、(レンズが大きいので)より明るく撮れる点などにおいて優れています。 特別な設定・撮影でない限り、一眼レフと同等の画質を得ることができると考えてよいでしょう。

レンズ交換ができないということは、本体とレンズの間にゴミ・ホコリなどが入らないということでもあり、メインテナンスの心配がいりません。  レンズ交換など機械的な操作は面倒だと思う方、それでも気楽によい写真を撮りたい方にはお勧めの一台 (ネオ一眼レフまたはオールインワン) ということになりますね。  

 

     

            <  Picasa 図解入り解説書はこちらです > 

 

 < ピカサ 使い方&ガイド > デジカメの選び方

 ジカメの撮り方

 画像をピカサに取り込む

    切り抜き

     傾き

  I'm feeling lucky

   自動コントラスト

       明るさ

    シャープ

    セピア

   モノクロ

   ウォーム

 フィルムグレイン

    ティント

 サチュレーション

 ソフトフォーカス

     グロー

 モノクロフィルタ

  モノクロフォーカル

   グラデーション

   Home

 秋紅葉のフリー写真

女性ヌードクロッキー  女性のヌードクロッキー画を展示してます

 <  美しいヌード

ピカサで編集加工したコラージュ画像を主に載せてます。 自然を背景にして女性ヌード画をコラージュ(重ね画像)したものです。 もともとは、ヌードも自然なものですから、画像としての両者の相性はよさそうです。

二枚の画像を重ねれば、暗い部分はより暗くなりそうですが、そこはピカサはちゃんと心得ていまして、二枚の画像の平均値的な明度を出してきます。色合いに関しても、同様のことがされているようです。 また、ヌード鉛筆画の描き方も詳しく説明してます。 個人的にヌードを描くのであれば、相手(管理人の場合であれば女性)との信頼関係を前提としたコミュニケーションが大切です。一方的ポーズを指示することは少なく、モデルの創るポーズを主体にしてかくようにしてます。 できれば、そのモデルの自然な姿を描きたいと考えるからです。 

 今やデジタルカメラは用途に合わせて使い分けることが求められてます。 三脚まで持ち歩く覚悟で撮るデジタル一眼、ハンドでとはいえしっかり撮りたい(こちらも)デジイチ、コンパクトとデジイチの中間に位置する小型デジイチも出てます。 そして、軽さがあり難いコンパクトデジカメ、アイフォンなどでもそこそこの画像は撮れます。 流石に、ケイタイではせいぜい食事の写真くらいまでですかね。 デジタルカメラを買っても、とった画像を処理する方法を知らないと深みのあるアート写真にはなりません。編集処理が決め手になることも多く、その中でも<レタッチ>の使い方が勝負になります。 先ずは、シミやシワを消すことから始まり、ウエストや足を細くすることすら出来ます。 画面上の他の部分を置き換える操作をするわけです。 また、<ソフト処理>といって、質感を柔らかくすることもできます。

       Picasa 使い方

                 フェイスブック 作品集

 

コンパクトデジカメの撮り方>>

                                                       

  < ピカサ 使い方&ガイド  >