Home  

 

  小泉次大夫堀公園

          野川

          仙川

  

     下北沢

     成城  

    二子玉川

     用賀

     桜新町

    三軒茶屋

    自由が丘

      多摩川          (1) (2) (3)

    生田緑地園

    等々力渓谷

 

          豪徳寺

       九品仏浄真寺

 

     長崎・大浦天主堂

      カフェ・居酒屋

    Picasaで写真編集

 

 

 

 

 

 

 

 

                  多摩川 

 

 

 神奈川県・中ノ島方面から東京都・調布市方面に向かってシャッターをきってみました。本流から外れたところに池のような状態で水溜りが散在します。実際に写真を撮るにあたって、投棄された空き缶やゴミ類を避けてシャッターをきるのはそれなりに難しいものです。まだまだあちこちにゴミは落ちてます。

 

去年あたりからでしょうか、遊泳する人たちが見かけられるようになりました。川で泳ぐことは危険なので遊泳禁止にはなってるとおもいますが、それより、水質の問題はどうなのか?とそちらの方が心配です。水に手を入れてみましたが、何となくぬるぬるしているようで、まだまだ体を浸せるような状態ではないと思いますが・・

 

 

 

  大き目(長辺640ピクセル)の画像はこちらにあります。                                                 フリー画像素材

 

 

 

 

 

 和泉多摩川寄り・世田谷通りの鉄橋の下にあたります。橋の下には住まいもあり、我々一般人?では近寄れない(彼らの)コニュニティーが出来上がっているところもあります。この写真のエリアは小田急線和泉多摩川駅から歩いても近いせいか、散歩する人、デートする恋人たち、バーベキューなどをする若者たち、釣り人・・・と、多摩川ではもっとも人が多いところです。

  

 

 登戸側の河川敷にも住まれてる方たちがいます。その壁には絵が描かれてました。ここにはアーティストがいるんですね。

 

 足元を見れば、あちこちに野に咲く花たちが・・・

 

 夕方ですが、ほとんど夜景に近くなってますね。この写真は六月下旬、もっとも水量が多いときの撮影です。夕焼けがかすかにオレンジ色に見えるなか、空と川面がほとんど同じブルーに見えるときがあります。

 

  Pastel  Drawings

 

 長崎想い出さがし一人旅

 

       ←<  Home >                                                                                            < 多摩川 (2)  →

 

                       

 

 

 これらの写真は、和泉多摩川を川崎市登戸側から撮ってます。ボートが乗れるところです。右下の写真からも分かるように、流れのほとんどない澱んでいるところはこのような感じですね。