1991年 メキシコ皆既日食

皆既日食 1991
(元歌 銀河鉄道999 映画版)

 さあ ゆくんだ皆既食帯へ 新しい機材この手で使おう
 会社なんか辞めてくるがいい 再び始まる皆既のために
 シベリアはもう思い出だけど ラパスはきっと晴れている
 ※ トータル エクリプス イン メキシコ
  ソーラー オブザーベイション ジャーニー
  料金 高すぎたー


 そうさ君は気づいてしまった ○井社長の本当の姿に
 ツアー客に見せる態度には 参加者全員はげしい怒り
 あの人の目が訴えていたよ 私は今も怒っている
 (*印繰り返し)


解説
 この唄の2番にある「○井社長」というのは、ずいぶん昔に倒産した
某望遠鏡販売店の社長のことです。この販売店の企画したツアーの
参加者への対応は散々なものだったそうで、ある参加者が所属する
天文同好会の会報に、あえて販売店の実名を挙げて「今回のツアー
は主催者の不備と誠意のなさのため後味の悪いものとなってしまった。
〜中略〜 ○ト○には猛省を促したい。」と書いたほどです。