長野県南部。南信州天龍村商工会

天龍村の特産品

天龍村には
県の選択無形民俗文化財に指定されている
「柚餅子」 を始めとして、
地物野菜の「でぃざなす」
地元特産「龍峡小梅」「茶」「栃」など、
いわゆる「山のもの」の
様々な特徴を持った特産品があります。

それぞれ季節ものであったり、
年によって収量が変わったりするものもありますので、
それぞれにお問い合わせの上お求め下さい。

 

柚餅子(ゆべし)

柚子が橙に色ずく12月になると「柚餅子」作りが行われます

お問い合わせ
天龍村柚餅子生産者組合
電話:0260-32-3470

中井侍銘茶

天龍村の中井侍地区は、眼下に天竜川を望む急峻な地に茶畑が点在しており、川から立ち上がる朝霧を浴びた良質なお茶が生産されます
購入には予約が必要です

お問い合わせ
中井侍茶生産者組合
代表 原田幸文
電話:0260-32-3402

天龍栃のそば

古くから伝わる栃の風味を活かし、栃の実を粉にしてそば粉と練り合わせた、こだわりの逸品です

お問い合わせ
天龍村商工会
電話:0260-32-2066

昇龍膳

大晦日の年とりに欠かすことのできない大汁をメインに、四季折々の山菜、地元で採れる食材をふんだんに使った郷土料理です

お問い合わせ
山村体験の家あしかが
電話:0260-32-2398

てんりゅう豆・味開味噌 

「てんりゅう豆」地元産の大豆に小麦粉をまぶし油で揚げて、味噌、ごま、砂糖をからめた香ばしい豆で、お酒のおつまみ等でお召し上がり頂けます。
味開味噌(あじかいみそ)の大豆と米は、全て地元産を使用しており、塩分12.5%の豆と麹のまろやかな味噌です。

お問い合わせ
味の開発研究会
代表  秦 照美
電話 0260-32-2420

小梅のカリカリ漬け・手作り漬物

「小梅のカリカリ漬け」は、天龍村特産の肉厚で種の小さい竜峡小梅を使用した減塩(7%)漬物です。
「手作り漬物」は、季節ごとの地元産の野菜(大根、きゅうり、なす、白菜等)を使用した漬物です。

お問い合わせ
天龍村役場振興課
電話 0260-32-2001

てぃざなす(田井沢なす)ていざなす、てぃざナス、ていざナス、てぃざ茄子、ていざ茄子

天龍村神原地区で、明治以降村外不出で受け継がれてきた”幻のなす”。最初に栽培を始めた田井沢久吉(故人)さんの名前から命名され、その後恩澤博司さん等が受け継ぎ栽培されてきました。7月〜11月まで収穫でき、大きいものは1kgにもなります。 地元では、”てぃざなす”とよも呼ばれています

お問い合わせ
天龍村役場振興課
電話 0260-32-2001

ゆず果汁100%

村内各所に植えられている柚を活用するために、生産が始まりました。単純に柚をしぼって、瓶詰めした商品です。
1本のビンにに7〜8個の柚を丸ごとしぼり使っています。
焼酎で割ったり、鍋料理のたれやケーキやお菓子の香り付けにいかがでしょうか。

お問い合わせ
(有)天龍農林業公社
電話 0260-32-1160