青森セラピールームRio


 





 


自己紹介

 ■  Rio
 ■  1970年5月生まれ
  ■ 自分の経験から、生きづらいこの社会や人間関係、また病気で悩んで
     いらっしゃる方やご家族の心と体のケアのお手伝いがしたいという思い
     から、団体職員として十数年勤めた会社を退職し、平成21年1月より、
     レイキヒーリンク゛・リンパドレナージュ・カウンセリングをメインに自宅で
     セラピールームを始める。
  ■  
    ・ 現代レイキマスター  
        ・ 国際和合医療学会正会員
    ・ 日本心理療法セラピスト協会JPTA正会員霊気研鑽マスター
    ・ リンパドレナージュ士
        ・ 整体ボディセラピスト
    ・ ハーブコーディネーター・学習指導員
    ・ 日本心理療法セラピスト協会初級心理セラピスト養成講座終了
    ・ 薬膳マイスター
                                

■ Rioの意味
   スペイン語でRioは“川”という意味があり、私はレイキヒーリングとリンパドレナージュ
   の施術していますが、どちらも気や血液、リンパ液の流れがとても大切であり“清らか
   な川の流れのようになってほしい”という意味を込めて“青森セラピールームRio”とい
   う名前をつけました。
   サラサラと流れる川は、水が澄んでいてきれいです。そして、心と身体と精神はバラン
   スがとても大切で、どれか一つでも滞りが出てしまうとあっという間に体調を崩したり、
   心が苦しくなったりします。
   そんな時は、“清らかな川の流れ”を想像してみてくださね。

■ 
  自分らしく生きる、自分を大切に生きるということは、決して“わがまま”ではありません。
  自分の心の思いや、自分の体を大切にしていなければ、家族や周囲の人達を大切
  にできないからです。
  ただ,、人との言葉や普段のコミュニケーションを、うまく使わなければ相手に考えや気持
  ちが伝わらず、意見のくい違いや気持にズレが出来てしまいトラブルを抱えたり、悩んだ
  り、それがストレスにつながります。
   人はそれぞれ“価値観”が違います。それに気づき理解することが、心身を健康にする
  秘訣でもあり、幸せに暮らす為のヒントだと思いませんか?

  自分の心を整理して開放していきましょう。そして、心と体のメンテナンスをしていくうちに
  毎日が楽しく生き生きとした自分と健康を手に入れるはずです。
     
   私は自分の経験や常識にあてはめるのではなく、皆様のさまざまな悩み、恋愛・結婚
  婚・出産・子育てそして病気・介護・仕事・家族の事などクライアント様の心を大切に
  施術やカウンセリングを行ってまいりますのでどうぞ安心してご相談下さい。





■  私がヒーリングやリンパドレナージュを始めたきっかけ



   私が若い頃、将来の進路を決める時、ある人に「あなたは人に尽す仕事をする。その
 仕事をするために様々な経験をする。」 と言われ、その言葉にどのような意味があるの
 か解らず、私はずっとそのことを気にかけながら、今まで過ごしてきました。
 
  父をガンで亡くした時、病院で痛みと闘いながら最後まで頑張った姿、そして家族みん
 なで最後を看取るまの心の葛藤や喪失感を経験をし、患者本人の心と体の痛みを和
 らげるすべはないのか、そして家族の心のケアの必要性を感じたのです。
  その後も病気や“生と死”について、考えさせられる経験が続き、繰り返す出来事に疑
 問が出始めました。なんでこんなことばかりあるんだろう・・・と。

  そして数年前、私自身がひどく体調を崩した時、偶然レイキヒーリングと出会い自分が
 変わり始めました。
  自己ヒーリングを行い、 呼吸法や瞑想などから、自分を見つめる時間をつくり“今を
 大切に生きること”とは何かと考えるうちに生き方が楽になり、とても人間関係が良くなり
 始め、毎日が“楽しい”と思うようになり、それから少しずつ体調が良くなり始め、慢性的
 な疾患(十二指潰瘍・胃潰瘍・胸の石灰化したしこり)が改善され、しこりは半年ほどで
 消えたのです。

   自分を大切にすると周囲も良い影響を受けるのか、今まで感じたことのない穏やかさと
  安心感に包まれた生活ができるようになり、環境もずいぶん良い方へ変わりました。
   今考えると、レイキとの出会いは“必然”だったと思います。

  私は過去に医療関係の仕事・エステティシャンとして働き、体と心のリラクゼーションの
  大切さを実感しました。
   そのような経験から、自分を大切に生きるということ。そして病気でつらい思いをされて
  いる、ご本人様やご家族様のメンタル・ボディケアのお手伝いがしたい。その想いが強く
  なり、数年前から、心・体・精神(魂)のバランスをとる癒しの技術と健康法を学び現
  在に至りました。

   微力ではありますが、癒しのお仕事をしつつ、将来的にホスピスや家庭で緩和ケアのお
  手伝いができるようになればと思っています。