ご家族の大切な記念日に、仕出し料理
を注文してみては、いかがでしょうか

御七夜

赤ちゃんが生まれて七日目は最初の筋目。この日をお祝いするのが「お七夜」です。また、別名を「名づけ祝い」といい七日目に赤ちゃんの名前を決め命名披露の祝宴を開きます

箸ぞろえ

正式には「養い親」が箸をとり食べさせるマネをします。「養い親」とは祖父母や親戚のなかの長寿の人ですが、これも長寿にあやかると言う意味があります。男の子なら男性に、女の子なら女性に頼みます。現代風ではこれにこだわる必要もなく、両親だけでおこなう場合も父親が行えばいい記念になります。

お宮参り

一般的には、男の子では生後31、32日目、女の子では32、33日目がよいとされています。これも地方によりさまざまです。しかし、実際はこのような日にこだわる必要もなく生後30日前後で穏かな天気の日を選べば問題ありません。母親や子供の健康を考えて決めればいいのです

初節句

子どもが生まれて初めて迎える節句、男の子は、端午の節句(55日)女の子の場合は桃の節句(33日)にお祝いします。この節句は、江戸時代に定められた五つの節供()「二十四節気(にじゅうしせっき)」を補うものとして定められたものの一つのこと。

初誕生

祝い方は、地域によってさまざまです。餅をついて背負わす、踏ますというのが全国的に多く行なわれているようです。この初誕生を祝ってついたもちは、「立ちもち」「力もち」などとよばれ、ふろしきにつつんであかちゃんに背負わします。この赤ちゃんの健やかな成長を願うこのような風習は、全国各地で今でも行なわれています。これも地域によってさまざまな風習がありますので、詳しくは地域の年配者の方にお聞きください。

七五三

かつては数え年の男子は三歳と五歳、女子は三歳と七歳で祝いましたが、現在では満年齢で男子が五歳(地方によって三歳も)、女子が三歳、七歳でお祝いする事が一般的になっています。年齢にこだわらず、兄弟で一回で済ますこともかまいませんその他、


誕生日・還暦・古希・喜寿・米寿・御結納・などの
お祝いの席に是非、自宅でのんびりと召し上がれる、
仕出し料理を、ご用命ください。



                   戻る