Kangaroo Memopad S-edition マニュアル

概要

 ダウンロード頂きありがとうございます。
 8年前に同じ名前の自動保存メモ帳を公開していましたが、シンプルな自動保存メモ帳を目指して一から作り直しました。本ソフトが皆様のパソコンライフのお供としてお役に立つことができれば幸いです。

使い方

ショートカットキー

「確認保存モード」について

 通常、ページ切替時やソフト終了時には自動で編集内容を保存しますが、内容が変更された場合、保存するかどうか確認を行ってから保存するモードも用意しました(確認保存モード)。
 設定ファイル中(8行目)

save_mode=1

に変更してください(通常の自動保存モードに戻す場合は1を0に変更してください)。

更新履歴

著作権・その他

 このソフトは、フリーソフトウェアです。個人・団体を問わずどなたでも無償で使用できますが、ご意見やご感想などを聞かせてもらえると今後の励みになります。
 広範囲にわたる不特定多数への配布(たとえば雑誌などの書籍・ネット上のコンテンツなどを通じた形式)は事前許可制です。

 知人や企業内LANなど限られた範囲での配布は許可の必要はありませんが、以下の行為を禁じます。

  1. 当ソフトそのものを販売目的に供すること
  2. 無断でファイル名・ファイルの内容・圧縮形式を変更すること
  3. プログラム・コードを配布ファイルやその生成物に組み込むこと

 記事紹介のみの場合、事後でもご一報いただけるとうれしいです。
 なお、ご不明な点は個別に対応致します。お気軽にお問い合わせください。

免責事項

 配布前にできうる限りの動作確認を行っておりますが、使用条件により予期せぬ不具合が起きる可能性があります。
 その場合は、内容を作者に報告してください。ただし、修正の可否や方法、時期などの判断は作者が行うものとします。

 ソフトを使用した結果ことによるデータあるいはソフトウェア・ハードウェアの損失、それらによる得べかりし利益などに関して一切の責任を負いません。
 また、ハードウェア・ソフトウェアの環境・使用条件によっては、正常に動かない可能性もあります。

 これらの事項を踏まえ、各自の責任でご使用下さい。

従来版“Kangaroo Memopad”との主な相違点

(C)2011 tachibana.