メインイメージ 推奨サイズW800×280pxこの画面を見て電気代を減らして下さい

     

     

インフォメーション

☆原発事故子ども被災者支援法てなに?
子ども被災者支援法概要
☆子ども被災者支援法市民会議
ストロンチウムによる被曝解明プロジェクト
☆◆第5回『西表島☆わくわく疎開ツアー』◆~福島の子どもたちを、沖縄・西表島の大自然へ~10/2~10の、8泊9日間、西表島の最高の大自然の中に小さな子どもとお母さんを連れていきます
最近知った”癒されたらシェア”最高です!
☆8/11~ 南河内の山奥で、保養しませんか? \1000/日(一家族)で泊まれます
【署名】「原子力規制委員会」のムチャクチャ人事に異議あり!
☆福島と立川の子どもたちの会募集主催チラシ(急げ)
八王子保養(残りわずか)
原発子ども・被災者支援法 2012/6/21可決!
避難の権利を認めた法律
この法律は、原発事故で避難した方には国の避難指示あるなしにかかわらず、移動・住宅・就学 ・就業、移動先自治体による役務の提供を、避難しない方には、医療・就学・食の安全・放射 線量の低減・保養を支援すること、さらに家族と離れてくらすことになった子どもに対する支援を 定めたものです。
川田龍平議員、阿部とも子議員が中心になってつくった「子どもや妊婦を守る法案」と、民主党で ワーキングチームをつくり、谷岡郁子議員が精力的にとりまとめた「原発被災者の生活支援法 案」、さらに公明党による健康診断に関する提案も取り入れた形で一本化されています。
福島の、全国の、お母さん、お父さん、みんなの思いがつまった法律
昨年4月19日に文科省が学校等の校舎・校庭等の「20ミリシーベルト基準」を出したとき、福島の お母さん、お父さんたちは、文部科学省の中庭に座り込んで撤回を求めました。全国から集まっ た市民が、文科省のまわりを人間の鎖で囲んで、支援しました。そこからの粘り強い運動で、こ の法律ができました。
わたしたちには、東電事故による放射能に被ばくしない権利がある、子どもたちを被ばくから守る 義務がある、その権利を守り、義務を果たすための法律です。
支援対象地域は未設定-年1ミリシーベルト以上を支援対象地域に!
「チェルノブイリ法を参考にした」とされています。けれど、チェルノブイリ法では、土壌汚染と空間 線量により、避難の権利ゾーン、強制避難ゾーンなどが定められています。この法案では、支援 対象地域は別途定めることとなっています。
放射能のリスクには、これ以上低ければ安全であるというしきい値はありません。
長い経験から、追加被ばくは年1ミリに抑えるべきーという基準があるだけです。
年1ミリシーベルト以上を支援対象地域に!
設立集会をします。ご興味ある団体や個人の方、ぜひ、ご参加ください。(チラシPDF)

☆とやまで保養+避難受け入れネットワーク
夏休み保養プログラム「ほよ~ん相談会」
☆東北海道保養支援プロジェクト
石垣島保養1
☆石垣島保養2
夏の こども のびのびキャンプ2012
☆保養(リフレッシュ)母子疎開支援ネットワーク「hahako」
保養(リフレッシュ)福島ネットワーク
☆(PDF)【特集】キャンプ・合宿・保養情報 vol.1 短期企画を集めました
全国版
☆ふくしまのこどもを、まもりたい【保養、疎開、避難】
2012年度 夏 東京YMCAキャンプ・スクール一覧
☆ドイツから学ぶ
2012夏福島っこ湘南
☆母子疎開ネットワーク「hahako」
ふみだす生活サポートセンター 相談受付・県外避難された方向けの相談対応を開始
☆山形・水泳教室 特定非営利活動法人健康 づくりサポート東北21
東日本大震災支援全国ネットワーク・保養プログラム情報
☆「夏休み!親子で参加 大阪の里山でひと休み」 参加者募集のお知らせです。
福島の子どもたちを瀬戸内市へ
☆夏休み「ふくしまっ子リフレッシュin世田谷」申し込み受付開始します!
2012/5/27【緊急】医療費の減免措置の拡大を求める要請
☆ママレボ

必見!【特命報道記者2011】ベラルーシ原発推進・放射線障害データを隠ぺい!
クリック→チェルノブイリ原発事故の犠牲者を隠し原発を推進するベラルーシ政府

WELCOME


当サイトでは

東日本大震災とそれに続く福島第一原発事故は、多くの人々に様々な
被害と精神的苦痛をもたらしました。
しかし、国や東京電力は、国民の命よりも産業界の利益を守ろうとして
いるとしか思えない行動を取り続けました。重大なたくさんの情報を隠し、
住民は大きな不安の中で暮らすことを余儀なくされています。
山積する問題を少しでも解決に向かわせるためには、市民みずからま
ず行動を始めなければ展望は開けません。
いま、安全安心プロジェクトは、多くのボランティアの方々や組織の協
力を得て、活動を始めています。
この活動をより広く、充実したものにしていくために、ど素人が寝る
時間を削りながら作ったホームページです。宜しかったら覗いてみてく
ください。
そして、多くの方のご支援をお願いいたします!

支援を頂いた方々(順不同):石神第一小学校避難所の避難者の皆様・(有)谷口住設 谷口和廣御夫妻様(大阪)(南相馬の福祉を変え多くを救った、勇者!) ・南相馬ボランティアの皆様・(株)つた屋 代表 松永 紀男様(ボランティアの為に住居提供)・NPO日本チェルノブイリ連帯基金の皆様・国学院大学経済学 部教授 菅井 益郎様・岐阜環境医学研究所 座禅洞診療所 所長 松井 英介様・大竹財団の関係者各位様・京セラ 名誉会長 稲盛 和夫様・衆議院議 員 田中 康夫様・南相馬市町 桜井 勝延様・南相馬市 原町区 農林水産課の皆様(コミニケーションルーム制作時、多大な協力を得た)・内閣府 湯浅 誠様・南相馬市役所所員の皆様・傾聴ボランティアの皆様・報徳道研修いまいち一円会の皆様・未来バンク理事 田中 優様、関係者各位様・子どもたちを 放射能から守る全国ネットワークの皆様・栃木県鹿沼市 佐藤 有俊様 関係者各位様・栃木県鹿沼市 市民活動ふらっとの皆様・三線アーティスト 南ぬ風人  まーちゃんうーぽー様・ハッピーアイランド新聞の皆様・伊達市地域おこし支援員 堀池 舞子様・特定非営利活動法人 メックスの皆様・AD WORLDの皆様 ・全日本仏教青年会の皆様・子どもたちを放射能から守る 福島ネットワークの皆様・福島大学 行政政策学類 准教授 丹波 史紀様・子どもたちを放射能から守る 福島ネトワークの皆様・NPO花見山を守る会の皆様・赤い羽根共同募金様・花と希望を育てる会の皆様・NPO実践まちづくりの皆様・つながろう南相馬の皆様・NPO フロンティア南相馬の皆様・南相馬桜援隊の皆様・NPOご本陣山を生かす会・同慶寺 住職 田中 徳雲様・JANCの皆様・青年海外協力隊OBの皆様 ・NHKの皆様・朝日新聞の皆様・福島民友新聞の皆様・福島民報社の皆様・特定非営利法人 全国コミュニティライフサポートセンター・よつば保育園の皆様 ・(株)アトリーの皆様・国際ソロプチミスト原町 但野 貞子様・みちのく応援隊の皆様・国際NGO FoE Japanの皆様・福島老朽原発を考える会(フクロウの 会)の皆様・放射能から子どもを守る ハーメルンプロジェクトの皆様・株式会社 七ツ森書館様・BBC放送様・チェルノブイリ救援、中部様・KFB放送の皆様 ・NPO法人 地球環境、経済研究機構様・松本市議会議員 宮下正夫様・長野県議会議員 中川博司様・松本地区労働組合会議 横内裕治様 新井宏行様 ・信濃毎日新聞社 菅田恵理子様・世界子ども通信 小池彰様・横浜国立大学大学院 佐藤順子様・広島大学 田中貴宏博士様・チェルノブイリ連帯基金の皆様 株式会社 サードウエーブの皆様・福島テレビの皆様・市民放射能測定所の皆様・BHNテレコム支援協議会の皆様・福島原発勇志作業隊の皆様・一般社団法人 福島原発行動隊の皆様 福島放送の皆様・株式会社 東日本震災復興教会 新井大蔵様・福岡からのボランティア 朽木睦人(除染で子供達を守った勇者)・TBSテレビの皆様・福島中央テレビの皆様 ・TV朝日様・東京大学 医学研究所 上昌広様 坪倉正治様・朝日新聞社の皆様・東北学院大学 齊藤康則様・一般社団法人 LIGHT UP NIPPONの皆様 ・国際協力NGOセンター様・福島市議会議員 大内ゆうだい様・・多くのボランティアの皆様

                             △▼△▼  ありがとうございます  ▲▽▲▽          代表:吉田 邦博