M65・M66・NGC3628


lx7_m65m66ngc3628.jpg(66525 byte)

2013.3.7 00h15m〜35m
40秒露出×8枚コンポジット、合計露出5分20秒
パナソニック LUMIX DMC-LX7(4.7mmF1.4→F1.6[最初の2枚のみF1.4]、ISO1600、RAW)
ペンタックス105SDHF(f.l.=700mmF6.7)+XW20mmでコリメート撮影(合成165mmF1.6、840mm相当)
2×2ソフトビニング、トリミング、トーンカーブ調整、アンシャープマスク、マスク処理などステライメージ6にて画像処理
高橋製作所EM-200B赤道儀にて自動追尾

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町大野)

★レンズの絞りを途中からF1.6に絞っているのは、コリメート光学系の全系の明るさであるF1.6に合わせたためですが、 なぜか、F1.4開放で撮影した方が少し明るく写っていました。また、写野周辺の星像はF1.6の方が若干良好でした。



kissx3_m65m66ngc3628.jpg(103576 byte)

2013.3.6 23h47m〜24h06m
1分20秒露出×8枚コンポジット、合計露出10分40秒
ペンタックス105SDHF直焦点(f.l.=700mmF6.7)
キヤノン EOS Kiss X3(RAW、ISO6400)、2×2ソフトビニング後1/2縮小、トーンカーブ調整、アンシャープマスク、マスク処理などステライメージ6にて画像処理
高橋製作所EM-200B赤道儀にて自動追尾

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町大野)

★APSデジタル一眼とコンデジのガチンコ勝負をやってみました。
ノータッチガイドが前提の撮影条件設定のため、コンデジの大健闘という結果でした。




2009.2.28 01h23m〜02h07m
4分露出×3枚コンポジット
キヤノン EOS KissデジタルX(RAW、ISO1600)、2×2ソフトビニング後1/2縮小、トリミング、トーンカーブ調整、アンシャープマスクなどステライメージ5にて画像処理
PENTAX105SDHF直焦点(f.l.=700mmF6.7)
高橋製作所EM-200B赤道儀にて自動追尾(ノータッチ)

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町)

★しし座の銀河トリオです。上がNGC3628、左下がM66、右下がM65です。
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる作戦で16枚撮影しましたが、追尾不良のため、使えたのは3枚だけでした。さすがに700mmの追尾はシビアです。早くオートガイド化しなくては・・・。


銀河へもどる back

トップページへもどる home