各種レンズによる月面撮影テスト

同一日に様々な光学系で満月を撮影してみました。クリックすると拡大画像が表示されます(ブラウザの戻るボタンでお戻りください)。

撮影日2011.10.12
キヤノンEOS KISS X3で直焦点撮影(RAW、ISO100又は200)
ピクセル等倍・トリミング、軽いアンシャープマスクとトーンカーブ修正


4cmf10.5-s.jpg(19593 byte) 自作4cmF10.5アクロマート(コルキットスピカ)(実測408mmF10.2)

青にじみはありますがシャープな像です。
6cmf5-s.jpg(12406 byte) 自作6cmF5アクロマート(実測303mm)

F5にしては青にじみが少ないですが、レンズの間隔調整が完璧ではないため甘い像です。
7cmf4.3-s.jpg(11922 byte) 7cmF4.3アクロマート(ミザールTS-70【改造】)(実測295mmF4.2)

F4.3にしては青にじみが少なく、6cmF5より若干シャープ像です。
300mmf5.6-s.jpg(11341 byte) キヤノン EF75-300mm F4-5.6(300mm、実測286mm)

青にじみはありませんが赤色のにじみが目立ちます。
350mmf5.6-s.jpg(14870 byte) タムロンSP350mmF5.6(実測346mm)

反射系のレンズなので色収差がほとんどなく結構シャープですが、ピントリングの操作性の関係でピント合わせが非常にシビアです。
8cm-s.jpg(15995 byte) 自作8cmF7アクロマート+クローズアップAC2(367mmF4.6)

ペッツファール系の光学系なので色収差が少ないです。

望遠鏡実験工房にもどる

トップページへもどる