家庭用ビデオカメラで撮影した天体

 2001年、しし座流星群にも使えるかなということで(予算上は11月誕生の子ども撮影用ですが)DVビデオカメラを買いました。
機種はソニーのTRV-30(155万画素CCD搭載ハンディカム)です。スーパーナイトショット(スローシャッター付きの夜間モード)があるので、ある程度星も写ることに期待して決めました。

 実際、しし座流星群では1時間30分で10個ほどの流星が写りました。一番明るかったものの動画はこちら(2001年しし群のページ)に掲載しています。事前のテストで1/15程度のシャッタースピードを使うつもりだったのですが、設定ミスで1/60になっていました。でも思ったよりは写ったという感じです。流星の場合スローシャッターにしても暗いものまで写るわけではないので1/60のままが良いと思います。流星の速度が遅いふたご群やジャコビニ群はスローシャッターで良いかも知れません

 通常の星空などの撮影は、買ってすぐの9月にしていたのですが紹介します。画像は、アナログ接続でビデオキャプチャーボードから静止画として取り込んだものですが、動画をTVモニターで見た感じに近いです。画像処理はしていません。星の写りは非常に淡いですので、ディスプレイ表示を明るくしてご覧ください。


広角側(35mm判換算48mm相当)で撮影したオリオン座です。スーパーナイトショット(1/4秒露出・赤外カットフィルター無効)で撮りました。
2等星は楽々ですが、3等星になると厳しいです。小三ツ星がかすかに写っています。

200mm相当ぐらいまでズームして三ツ星から小三ツ星付近です。広角側よりは暗い星が写ってきます。

最望遠側(480mm相当)でM42を撮ってみました。通常モードで1/4秒のスローシャッターです。

こちらはスーパーナイトショットモードです。星雲の写りは少し良くなりますが、星のシャープさは損なわれ、また、バックも荒れ気味になります。

最望遠側(480mm相当)で撮ったすばるです。通常モードで1/4秒のスローシャッターです。7等星ぐらいまで写っているようです。

2倍デジタルズーム併用(960mm相当)で撮った月です。フォーカスが甘めでクレーターは、はっきりとは写りません。

ND400フィルター2枚重ねで撮った太陽です。2倍デジタルズーム併用(960mm相当)で、黒点があるのが分かります。


望遠鏡実験工房にもどる

トップページへ