月齢9


moon_fz150_8.8.jpg(104314 byte)

2013.9.14 18h08m
露出1/25秒
パナソニック Lumix FZ150(JPEG、ISO100、ズーム最大108mmF5.2→F7.1に絞る)
オリンパスTCON-17X、レイノックスDCR-1540pro併用(合成f.l.=270mm、フルサイズ換算1500mm相当)
2×2ソフトビニング、アンシャープマスク、トリミングなどステライメージ6にて画像処理
カメラ三脚で固定撮影

撮影地:ひろのまきば天文台ベランダ(岩手県洋野町)

★高倍率デジカメにテレコンバーターを2個連結して撮影しました。
そのままだと色収差が目立ったので、TCON-17Xの対物レンズを40mmに絞ったら、かなり改善しました。画像処理過程でも色収差を軽減してあります。
望遠鏡を使わずに月のクレーターがここまで写るようになったのには機材の進歩を感じます。が、テレコン2段連結では大きさも望遠鏡並みになってしまいました。




moon_fz150_8.8.jpg(104314 byte)

2012.8.26 18h43m
露出1/50秒
パナソニック Lumix FZ150(JPEG、ISO100、ズーム最大108mmF5.2)、IAズーム最大(1.33倍)併用
オリンパステレコンバーター TCON-17X併用(合成f.l.=175mm、972mm相当)
50%リサイズ、トーンカーブ調整、アンシャープマスク、トリミングなどステライメージ6にて画像処理
カメラ三脚で固定撮影

撮影地:自宅ベランダ(岩手県洋野町)


撮影データ(共通)

2002.10.15
CASIO QV-3000EX (100mm相当F2.5 ISO100相当、コントラスト・彩度・シャープネス:弱、WB:太陽光)
カメラ三脚+微動雲台
撮影地:自宅付近

(左)
18:52
自作5cmF12屈折
Or32mm接眼鏡にてコリメート撮影(合成f.l=1875mm相当)
露出1/40s

(右)
18:52
自作4.4cmF7.5屈折+PENTAX RC1.4×(口径3.2cmに絞って合成F14.4)
LV25mm接眼鏡にてコリメート撮影(合成f.l=1848mm相当)
露出1/20s

★自作の小型望遠鏡による撮影です。口径による写りの違いが分かります。
ステライメージ3でウィーナーフィルターによる画像復元処理他の画像処理をしてあります。




2000.10.7 21h12m
露出1/50s
PENTAX 105SDHF LV25mm接眼鏡にてコリメート撮影(合成f.l=2800mm相当)
CASIO QV-3000EX (100mm相当F2.5 ISO100相当)
VIXEN SUPER POLARIS赤道儀にて追尾
撮影地:自宅庭
★ステライメージ3でウィーナーフィルターによる画像復元処理他の画像処理をしてあります。

月齢11 next

月・太陽・惑星・人工天体へもどる back

トップページへもどる home