天文台と冬のダイヤモンド




2014.2.5 18h52m
20秒露出
キヤノンEOS 6D
コシナ 20mmF3.8→F5.6に絞る
自作ソフトフォーカスフィルター使用
RAW(ISO6400)、フラット補正、5×5ソフトビニング、トーンカーブ調整、色調補正などステライメージ6にて画像処理
固定撮影

撮影地:ひろのまきば天文台駐車場(岩手県洋野町大野)

★天文台ドーム右上がシリウス、時計回りにプロキオン、ポルックス、カペラ、アルデバラン、リゲルと6個の一等星が形作るのが冬のダイヤモンドです。今年の冬は木星が加わって、より賑やかになっています。
右下隅が明るくなっているのは、レンズにつけた自作フードが傾いていて、フラット補正が合わなくなったためです。

自作ソフトフォーカスフィルターは、レンズ保護用のUVカットフィルターにヘアスプレーを吹き付けたもので代用しました。木星やシリウスの描写に問題がありますし耐久性もないので、そのうちにクリアラッカースプレーを吹き付けた恒久的なフィルターを作りたいと思います。

back 星景写真〜星のある風景〜にもどる

home トップページへもどる