2016年ペルセウス座流星群


2016.8.13 01h31m〜02h36m
キヤノンEOS 6D
29秒露出、ISO 6400(JPEG)
色調補正・トーンカーブ調整などステライメージ6にて画像処理

シグマMFアスフェリカル28mmF1.8(F2.8)

ビクセンスーパーポラリス赤道儀で自動追尾
撮影地:久慈平岳(岩手県洋野町)

コメント:流星が写った15枚を比較明合成しました。ペルセ群ではない流星が2個あったのと、1枚に2個ペルセ群流星が写ったものもあったので、合計で14個のペルセ群流星が写っています。
この晩、金星級の火球も2個見ましたが、残念ながら1個は撮影開始前、1個は写野外でした。




2016.8.12 23h56m〜 8.13 01h26m
キヤノンEOS 6D
29秒露出、ISO 6400(JPEG)
色調補正・トーンカーブ調整などステライメージ6にて画像処理

シグマMFアスフェリカル28mmF1.8(F2.8)

ビクセンスーパーポラリス赤道儀で自動追尾
撮影地:久慈平岳(岩手県洋野町)

コメント:流星が写った13枚を比較明合成しました。毎回この領域を撮影してしまいますが、明るい流星が飛ばなかったのが残念です。
撮影開始の30分ぐらい前、現地に到着して間もないころ、このあたりを火球が流れたのですが、二匹目のドジョウは現れませんでした。
ベガに光芒があるのは、一時期湿度が高くなりレンズが曇りかけたためのようです。その後空気が乾燥してきたのでレンズは無事で撮影を続けられました(もう一台のKISS DXの方は開始30分ぐらいでレンズが曇っていました。レンズフードの有無により夜露耐性に差が出たようです)。



2016.8.12 23h51m
キヤノンEOS Kiss デジタルX(誠報社クリアフィルター改造、ノーフィルターで撮影)
89秒露出、ISO1600(JPEG)
色調補正・トーンカーブ調整などステライメージ6にて画像処理
キヤノンEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISII(18mmF3.5)

ビクセンスーパーポラリス赤道儀で自動追尾
撮影地:久慈平岳(岩手県洋野町)

コメント:
2016年のペルセウス座流星群は、一晩中快晴に恵まれて月が沈んだ23時半以降は好条件で見ることが出来ました。とりあえず1枚を掲載します。
このレンズはいわゆるキットレンズで、ジャンク品を2,000円で購入しました。青ハロは出ますが開放でも良好な星像です。
が、通電するとレンズ内部のチップが熱源となって赤外カブリが出てしまうので、天体撮影の際はレンズ端子にセロハンテープで絶縁して使っています。

星座・天の川・流星へもどる back

トップページへもどる home