ジャック彗星(C/2014 E2)


2014.9.6 北アメリカ星雲の西側を通過

45p_20111001.jpg(95814 byte)

2014.9.6 02h33m〜3h08m
60秒露出×8枚、150秒露出×8枚(R64フィルター併用)、恒星位置基準でコンポジット
キヤノンEOS 6D、RAW(ISO 6400)
Ai ニッコール ED180mmF2.8S(F4に絞る[R64フィルター併用時はF2.8開放]、ほぼノートリミング)、高橋製作所EM-200B赤道儀でノータッチ追尾
トーンカーブ調整、5×5ソフトビニングなどステライメージ6にて画像処理
撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町大野)

★低空だったため9/3と比べると彗星の写りが悪くなっています。赤い散光星雲を強調するため、R64フィルターを使った画像をブレンドしました。

45p_20111001.jpg(95814 byte)

2014.9.6 01h59m〜2h09m
60秒露出×8枚、恒星位置基準でコンポジット
キヤノンEOS 6D、RAW(ISO 6400)
タムロン SP90mmF2.5(F3.5に絞る、ほぼノートリミング)、高橋製作所EM-200B赤道儀でノータッチ追尾
トーンカーブ調整、5×5ソフトビニングなどステライメージ6にて画像処理
撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町大野)


2014.9.3 北アメリカ星雲の北側を通過

45p_20111001.jpg(95814 byte)

2014.9.3 01h33m〜37m
60秒露出×4枚、恒星位置基準でコンポジット
キヤノンEOS 6D、RAW(ISO 6400)
Ai ニッコール ED180mmF2.8S(F4に絞る、ノートリミング)、高橋製作所EM-200B赤道儀でノータッチ追尾
トーンカーブ調整、5×5ソフトビニングなどステライメージ6にて画像処理
撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町大野)

★1か月で、ぎょしゃ座からはくちょう座まで移動してきました。今年の夏は天候不順のためずっと撮影できず、この日は久しぶりの星空でした。

45p_20111001.jpg(95814 byte)

2014.9.3 01h50m〜54m
60秒露出×4枚、恒星位置基準でコンポジット
キヤノンEOS 6D、RAW(ISO 6400)
シグマAPO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(135mmF4.5で使用、ノートリミング)高橋製作所EM-200B赤道儀でノータッチ追尾
フラット補正、トーンカーブ調整、5×5ソフトビニングなどステライメージ6にて画像処理
撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町大野)

★180mmでは構図が窮屈だったのでズームレンズを135mmで使いました。安価なレンズですが、まずまずの星像だと思います。フラット画像に300mm時のものを使ったのであっていない可能性が高いですが、やらないよりは遥かにましでした。
45p_20111001.jpg(95814 byte)
2014.9.3 02h07m〜16m
60秒露出×8枚、彗星位置基準でコンポジット
キヤノンEOS 6D、RAW(ISO 12800)
シグマAPO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(300mmF5.6で使用、420mm相当にトリミング、4×4ソフトビニング)

★ダストの尾とイオンの尾の2本が伸びているように見えます。


2014.8.2

45p_20111001.jpg(95814 byte)

2014.8.2 02h40m〜41m
30秒露出×2枚、恒星位置基準でコンポジット
キヤノンEOS 6D、RAW(ISO 12800)
シグマAPO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(300mmF5.6で使用、660mm相当にトリミング)、ビクセンスーパーポラリス赤道儀でノータッチ追尾
トーンカーブ調整、トリミング、3×3ソフトビニングなどステライメージ6にて画像処理
撮影地:岩手県九戸村折爪岳中腹

★明け方の空、ぎょしゃ座を移動中のジャック彗星です。雲量8ぐらいの天気で、雲の切れ間からやっと撮影できましたが、露出不足のため淡い尾は写りませんでした。

彗星ページへもどる back

トップページへもどる home