リニア彗星 (252P)


4/9(50mmレンズ)

2016.4.9 03h00m〜03h40m、Aiニッコール50mmF1.4→F4、キヤノン EOS6D、RAW(ISO 1600)
1分50秒露出×16枚コンポジット(恒星位置基準)・・・(a)

同 03h46m〜04h02m、F2.8、(ISO 6400)
3分45秒露出×4枚コンポジット(恒星位置基準)、R64フィルター併用・・・(b)

(a)のR画像に(b)を加算平均して赤い星雲の写りを補強

周辺減光補正、マスク処理、トーンカーブ調整、トリミング、2×2ソフトビニング、50%リサイズなどステライメージ6にて画像処理
高橋製作所EM-200B赤道儀にて自動追尾

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町大野)

★天の川や星雲と一緒に撮れるのも今だけかと思い、望遠鏡での撮影はせずにカメラレンズで撮影しました。


4/6(7cm屈折)

2016.4.6 03h12m〜44m
1分50秒露出×16枚コンポジット(恒星位置基準)
キヤノン EOS6D、Jpeg(ISO 6400)
フラット補正、マスク処理、トーンカーブ調整、3×3ソフトビニング、50%リサイズなどステライメージ6にて画像処理
自作7cmF6ED屈折+BORGマルチレデューサー0.7×DGT【7870】(合成f.l.=296mmF4.2)
高橋製作所EM-200B赤道儀にて自動追尾

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町大野)

★球状星団M14とさらに接近しました。連日の3時起きが厳しかったのか寝ぼけていたようで、試写の設定のままJpegで撮ってしまいました。

4/6(LX7、70mm相当)

2016.4.6 03h09m〜3h30m
4分10秒露出×3枚コンポジット(恒星位置基準)
パナソニック LX7(13.7mm【フルサイズ換算70mm相当】、F2.1→F2.8)、RAW(ISO 400)
マスク処理、トーンカーブ調整、33%リサイズ、トリミングなどステライメージ6にて画像処理
高橋製作所EM-200B赤道儀にて自動追尾

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町大野)

★前日よりは透明度が悪く、時折薄雲がわいていました。コンデジだと構図決めが難しく、彗星の位置が微妙になってしまいました、


4/5(7cm屈折)

2016.4.5 03h16m〜48m
1分50秒露出×16枚コンポジット(恒星位置基準)
キヤノン EOS6D、RAW(ISO 6400)
フラット補正、マスク処理、トーンカーブ調整、3×3ソフトビニング、50%リサイズなどステライメージ6にて画像処理
自作7cmF6ED屈折+BORGマルチレデューサー0.7×DGT【7870】(合成f.l.=296mmF4.2)
高橋製作所EM-200B赤道儀にて自動追尾

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町大野)

★残念ながら尾は写りませんでした。彗星左上の球状星団はM14、彗星右側のまばらな球状星団はNGC6366です。

4/5(LX7、35mm相当)

2016.4.5 03h12m〜3h33m
4分10秒露出×3枚コンポジット(恒星位置基準)
パナソニック LX7(6.9mm【フルサイズ換算35mm相当】、F1.6→F2)、RAW(ISO 200)
マスク処理、トーンカーブ調整、33%リサイズ、トリミングなどステライメージ6にて画像処理
高橋製作所EM-200B赤道儀にて自動追尾

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町大野)

★透明度が良かったので天の川が良く見えていました。横構図にすれば良かったと後悔しています。


彗星ページへもどる back

トップページへもどる home