マックホルツ彗星(C/2004Q2)
2005年1月14日〜

2/4
2005.2.4 22h05m〜22h24m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
Aiニッコール ED180mmF2.8S→F4
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600 WB晴れ)
4分露出×4枚コンポジット(彗星位置基準)、2×2ソフトビニング、トリミングなどステライメージ3にて画像処理

撮影地:岩手県普代村黒崎

久慈・八戸の光害と重なり、背景濃度に傾きが出ています。強風で星像が伸びてしまいました。


1/28
2005.1.28 19h16m〜35m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
タムロン SP90mmF2.5開放×2枚、F3.5×2枚
LPS-P1フィルター使用
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600 WB蛍光灯1)
4分露出×4枚コンポジット(恒星位置基準)、ダーク減算、4×4ソフトビニング、トリミングなどステライメージ3にて画像処理

撮影地:岩手県大野村

二重星団(右下)、IC1805・IC1848(彗星の右上の赤い散光星雲)との接近の様子です。
月の出前のわずかな時間を狙いましたが、撮影開始が遅れたため後の2枚に月明かりの影響が出ました。

2005.1.28 19h50m〜20h13m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
Aiニッコール ED180mmF2.8S→F4
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO400 WB晴れ)
4分露出×4枚コンポジット(彗星位置基準)、2×2ソフトビニング、トリミングなどステライメージ3にて画像処理

撮影地:岩手県大野村

月明かりの中での撮影です。イオンの尾が結構伸びています。

1/14
2005.1.14 25h00m〜19m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
PENTAX105SDHF+RC0.77×+RC0.72×35(f.l.=397mmF3.8)
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600 WB晴れ)
LPS-P1フィルター使用
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600 WB蛍光灯1)
4分露出×4枚コンポジット(彗星位置基準)、ダーク減算、4×4ソフトビニング、トリミング、白黒反転などステライメージ3にて画像処理

撮影地:岩手県大野村

2005.1.14 23h25m〜24h04m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
Aiニッコール ED180mmF2.8S→F4
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600 WB晴れ)
4分露出×8枚コンポジット(彗星位置基準)、4×4ソフトビニング、トリミングなどステライメージ3にて画像処理

撮影地:岩手県大野村

20:00ごろまで雪が降っていましたが、粘った甲斐あって22:30ごろから久々の快晴となりました。

カリフォルニア星雲との接近
2005.1.14 22h30m〜23h08m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
タムロン SP90mmF2.5開放
LPS-P1フィルター使用
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600 WB蛍光灯1)
4分露出×8枚コンポジット(恒星位置基準)、ダーク減算、4×4ソフトビニング、トリミングなどステライメージ3にて画像処理

撮影地:岩手県大野村

カリフォルニア星雲の赤を強調するために光害カットフィルターを使いました。

2005.1.14 24h15m〜31m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
Aiニッコール 50mmF1.4→F2.8
LPS-P1フィルター使用
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600 WB蛍光灯1)
4分露出×3枚コンポジット(恒星位置基準)、ダーク減算、4×4ソフトビニング、トリミングなどステライメージ3にて画像処理

撮影地:岩手県大野村
右が北です。
カリフォルニア星雲の赤を強調するために光害カットフィルターを使いました。

BACK 2005年1月5日〜10日分へもどる

back彗星にもどる

home トップページへもどる


当ホームページに掲載した写真の著作権は,すべて撮影者に帰属します。
Copyright(c) 2005 by Tsukasa Noda, All rights reserved.