シュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星(73P)


B核 5/10 (90mmレンズ)

2006.5.10 2h52m〜57m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
TAMRON SP90mmF2.5開放
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600)
2分露出×2枚コンポジット(恒星位置基準)、4×4ソフトビニングなどステライメージ5にて画像処理

撮影地:岩手県九戸村折爪岳
コメント;
強風のせいか眠気のせいか頭がボケていて、極軸セッティングを忘れたので、追尾が流れてしまいました。

B核&C核 5/10 (28mmレンズ)
2006.5.10 2h42m〜49m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
SIGMA MF28mmF1.8アスフェリカル→F2.8
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600)
3分露出×2枚コンポジット(恒星位置基準)、4×4ソフトビニング、ダーク減算などステライメージ5にて画像処理
撮影地:岩手県九戸村折爪岳

コメント:
ベガのそばのB核は5.5等ほどで肉眼で見えましたが、アルビレオのそばのC核は天の川に埋もれてしまい、双眼鏡でも見つけるのに苦労しました。

C核 5/4 (504mm直焦点)

2006.5.4 2h12m〜27m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
PENTAX105SDHF+RC0.72×35(504mm F4.8)
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600)
3分露出×4枚コンポジット、4×4ソフトビニング、ダーク減算などステライメージ5にて画像処理
彗星位置基準でコンポジット

撮影地:岩手県洋野町大野

B核 5/4 (504mm直焦点)


2006.5.4 2h32m〜47m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
PENTAX105SDHF+RC0.72×35(504mm F4.8)
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600)
3分露出×4枚コンポジット、4×4ソフトビニング、ダーク減算などステライメージ5にて画像処理
彗星位置基準でコンポジット

撮影地:岩手県洋野町大野

C核&B核 5/4 (90mmレンズ)
2006.5.4 3h06m〜08m
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾
TAMRON SP90mmF2.5開放
FinePix S2Pro (CCD-RAW、ISO1600)
2分露出、4×4ソフトビニング、ダーク減算などステライメージ5にて画像処理
撮影地:岩手県洋野町大野

コメント:
左がC核、右がB核です。それぞれ7等、8等ぐらいかと思われます。B核のやや左下には球状星団M13が見えています。

back彗星にもどる

home トップページへもどる


当ホームページに掲載した写真の著作権は,すべて撮影者に帰属します。
Copyright(c) 2006 by Tsukasa Noda, All rights reserved.