M27あれい状星雲



s95_m27.jpg(103379 byte)

2015.11.3 19h05m〜33m
45秒露出×16枚コンポジット
キヤノンEOS 6D、RAW(ISO12800)
ビクセンVC200L+ペンタックスRC0.72×35(合成f.l.=1300mmF6.5)
マスク処理、トーンカーブ調整、アンシャープマスク、1780mm相当のトリミング、25%リサイズ、色彩強調などステライメージ6にて画像処理
高橋製作所EM-200B赤道儀にて自動追尾(ノータッチ)

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町)

★下画像は2×2ソフトビニング後トリミングしたものです。




lx7_m27.jpg(82314 byte)

2013.6.11 1h41m〜49m
20秒露出×4枚コンポジット
パナソニック LUMIX DMC-LX7(4.7mmF1.4、24mm相当)、JPEG(ISO1250)
3×3ソフトビニング、トーンカーブ調整、トリミングなどステライメージ6にて画像処理
ビクセンVC200L+LV25mmでコリメート撮影(合成f.l.=338mmF1.7、1728mm相当)
高橋製作所EM-200B赤道儀にて自動追尾

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町)

★中古で購入したビクセンバイザック(VC200L)とコンデジを使った撮影です。



s95_m27.jpg(103379 byte)

2012.6.29 01h41m〜01h47m
32秒露出×4枚コンポジット
キヤノン PowerShot S95(28mm相当F2)、JPEG(ISO1600)
2×2ソフトビニング、トリミング、トーンカーブ調整、アンシャープマスク、マスク処理などステライメージ6にて画像処理
PENTAX105SDHF+UW20mmでコリメート撮影(合成f.l.=210mmF2、980mm相当)
ビクセンスーパーポラリス赤道儀(極軸体+自作赤緯体)にて自動追尾

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町)

★コンデジコリメートで撮影したM27です。



2003.5.4 02h27m〜03h05m
5分露出×4枚コンポジット
富士フイルム FinePixS2Pro (ISO1600、RAW)
2×2ソフトビニング、トリミング、トーンカーブ調整、アンシャープマスクなどステライメージ3にて画像処理
PENTAX105SDHF改(フラットナーなし、f.l.=670mmF6.4)
ビクセンスーパーポラリス赤道儀にて自動追尾

撮影地:岩手県大野村

★鉄アレイに形が似ていることからこの名がついています。対象が小さいため、レデューサーは使用せずに主焦点で撮影しました。 フラットナーをつけた方が星像が良いのですが、付け外しが面倒なためそのまま撮影しています。
撮影時の気温は12度ですが、ノイズ的には結構厳しい気温です。


星雲へもどる back

トップページへもどる home