M8干潟星雲とM20三裂星雲




2009.6.2 0h28m〜01h26m
6分露出×8枚コンポジット
キヤノン EOS KissデジタルX(RAW、ISO1600)、2×2ソフトビニング後1/2縮小、トーンカーブ調整などステライメージ5にて画像処理
PENTAX105SDHF+RC0.72×35(f.l.=504mmF4.8)
高橋製作所EM-200B赤道儀にて自動追尾(自作5cm屈折80倍にて眼視ガイド)

撮影地:自宅観測室(岩手県洋野町)

★気温10度ぐらいと強い冷え込みではありませんでしたが、風があったためかノイズがあまり目立ちません。オートガイド機器の準備がまだなので、またつらい体勢での眼視ガイドになってしまいました。ノーフィルターでの6分露出ではカブリが多く、ヒストグラムの山がほぼ中央に来るぐらいですが、LPS-P1フィルターを使ったときよりも自然な感じに仕上げることができるように思います。


星雲へもどる back

トップページへもどる home