平成7228日作成

平成8226日追加

平成18116日追加

腎 不 全 対 策 の 経 過

 昭和4212     人工透析(HD)の健康保険適用

  (1967)

 昭和4710     公費負担制度 18歳以上:更正医療(身体障害者福祉法)

  (1972)                            18歳未満:育成医療(児童福祉法)

 昭和4810     高額医療費支給制度(自己負担金3万円)

  (1973)

 昭和49                身体障害者雇用促進法

  (1974)

 昭和504       特別障害者に対する贈与税非課税制度の実施

  (1975)

 昭和526       関東地区で腎バンク発足

  (1977)                     地方腎移植センタ−の体系的整備の実施

 昭和532       夜間透析加算

  (1978)                     腎移植の健康保険適用

 昭和5310     学校保険法施行規則の改正(小,中学校での検尿の義務化)

 昭和544       腎移植術の更正医療の適用

  (1979)

 昭和564       透析時間の境界変更(5時間→4時間へ)

 (1981)

 昭和566       腎摘出経費の健康保険の適用

 昭和582       血液濾過(HF)療法の健康保険の適用

  (1983)

 昭和593       CAPD療法の健康保険の適用

  (1984)

 昭和5910     高額医療費支給制度(自己負担金1万円に負担減に)

 昭和616       腎不全対策推進会議の開催

  (1986)

 昭和63                診療報酬区分の変更(手術料→処置点数に)

  (1988)

 平成44          慢性維持透析患者外来医学管理料の新設(検査点数の包括化

  (1992)

 平成64          外来透析患者の診療報酬包括化(処置+透析液+ヘパリン+生食

  (1994)                     血液濾過透析(HDF)療法の健康保険の適用

 平成84     透析時間の境界変更

  (1996)          (4時間未満,4時間以上〜5時間未満,5時間以上の3区分に)

 

 平成144   透析時間の区分 撤廃

  (2002)          (透析時間に拘らず全ての時間帯で同一点数に:1日につき1960点)

 

 平成184       外来透析患者のEPO包括化(処置+透析液+ヘパリン+生食+EPO

  (2006)

 平成1810      障害者自立支援法が完全実施され、HDは自立支援医療となる。

  (2006)

 平成204     透析時間の境界 再設定。

  (2008)                  (4時間未満,4時間以上〜5時間未満,5時間以上の3区分に戻る)

 

井上 隆:医療経済と快適透析.大阪透析研究会会誌 9(1):73-77,1991.

出典一部追加