日本で最も使われている薬の分類は循環器用薬」です。

言い換えれば、高血圧のクスリとなります。

ご存じの通り、高血圧の原因は塩分摂取過多であります。

塩分過多貯まった塩分を薄めようと水分貯留→むくむ(浮腫)→心臓に負担増大→血圧上昇

との機序です。

生食という言葉を聞いた事がありますか?「生理食塩液」の略でその濃度は0.9%〔Na154mEq/L,Cl154mEq/L〕です。

我々の体液とほぼ同じように100mlの水に0.9gの食塩〔NaCl〕が溶けている訳です。

もし、1gの食塩を余分に摂取したとしたら、おおよそ100mlの水分を必要とします。それだけ体重が増える訳です。

1gとバカにするなかれ。10gであれば、1kg増える計算となりますので・・・

ですから、塩分摂取を控えればそのリスクも軽減されることになります。

******** 以下、戯言とお聞き流し下さい。 ***************

昼にカップラーメンを食べていて驚くべき事に気付きました。
と言いますのも、まず,派充┐気譴討い訝罎離淵肇螢Ε2.6g(めん・かやく0.9g、スープ1.7g)に注目ください。

ナトリウム(Na)と食塩(NaCl)は同じと考えて良いのですが、数値の換算は下記の関係となります。

●Na×2.54=NaCl●
◆2.54の根拠は分子量で、Na(23)+Cl(35.5)/Na(23)=2.5434782◆
もし、このラーメンを全て汁まで飲み干したら、2.6×2.54=6.6gとなります。
若干、血圧の高い小生としては、高血圧治療ガイドライン(2004年版)を遵守して

食塩摂取量は1日6gまでと考えていましたから・・・これだけで1日摂取量を超過してしまいます。
次に△鬚翰ください。

親切な書き方でナトリウム1.9g(食塩相当量4.8g)となっております。

4.8/1.9=約2.5となります。
カップラーメンも△汎韻舷得擇壁充┐砲靴討い燭世韻譴亳躄鬚皺鮠辰気譴襪里任靴腓Δ・・・。

あくまでも食塩相当量が肝心なのです。
2008.6.11(水)
 追伸
このラーメンの汁は濃いので薄めて全部飲んだらダメ!ですから・・・間違いなきように。
★静岡新聞(2007.3.25)から、健康情報と食生活 見極め羅針盤(3)メタボリック症候群 を添付します。


**************プロの記載方法 から引用。******************
現在、食品の栄養表示は食塩でなくナトリウム(Na)(mg/100gあるいはmg/100ml)表示となっている。

食塩摂取量(g/日)での食事指導が広く普及していることから、食品の栄養表示は

食塩(g/100gあるいはg/100ml)表示としてわかりやすくすべきである。
なお、Naと食塩相当量の関係は
   食塩相当量(g)=Na(mg)×2.54÷1000
で表されるので、現時点ではこの式を患者に指導するほかはない。

 

 

  日経(2010.2.14)から、転載いたします。やはり、加齢と共に塩分摂取量の増加が高血圧発症の一因です。

 

 

img1.jpg