なぜ誤嚥が起きるのでしょうか?

それは我々、人間が二足歩行を始め、言語を話すようになった時からの宿命なのです。

確かに高齢者の誤嚥性肺炎が問題となっていますが、高齢者に限らず若年者も発症する危険性を潜んでいる事を承知してください。

その上で、どうしたら防げるのか?文献等によれば

 ゞ櫃肺に入っても発症しない体力・免疫力・抵抗力を強化する。

たくさん噛んでゆっくり食べる。それにより「唾液」がたくさん分泌され虫歯や歯周病を防げる。

 TV見ながら、会話しながら食べない。食べる事に集中し、咀嚼中は特に喋らないように。

ぁ‘陲蕕い料理だけでなく堅い小鯵の唐揚げ〔若者向け〕、歯応えのあるレンコン・ゴボウ等で、顎を鍛える。

ァ/後は、ゆっくり座位(立位)を保ち30分間、休憩する。

Αゞ気は気道を通るので鼻から吸う事を心掛ける。口は食物の通り道なので口で息を吸わない【禁:口呼吸】。

А/後に限らず、「口腔ケア」を意識して、歯磨き・うがいを励行する。

等が記載されています。

少々、専門的になりますが、下記:ヒトが易誤嚥性である解剖学的要因 もご覧下さい。

見逃せない唾液不足 口の体操で回復を 歯周病防ぎ消化助ける(日経2009.2.28)。

その唾液を出すためには、3ツある耳下腺、顎下腺、舌下腺をマッサージ・刺激することをお勧めします。
各唾液腺における分泌は、顎下腺=65%  耳下腺=23%  小唾液腺=8%  舌下腺=4% 
の順で、顎やエラの下をマッサージするのが最も効率がと良いようです。
http://www.chukai.ne.jp/~myaon80/base-med2asaliva.htm