藤岡市のマンホール

2006年1月1日、鬼石町は藤岡市へ編入。
藤岡市のマンホール 藤岡市
・藤岡市には神流川左岸の河岸段丘に大型の登り窯「本郷埴輪窯址」等が発掘され、 窯から人、馬、家、太刀等の埴輪類が出土したことから、この蓋には埴輪 (人型と馬型、器)が描かれています。中央に藤岡市章が有ります。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2013年2月3日  
・撮影場所:藤岡市内  
・撮影者:かなちゃん提供
藤岡市のマンホール蓋 ・上記と12時、6時の違いと2時10時の内側の膨らみが小さい。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2017年8月28日  
・撮影場所:藤岡市内  
・撮影者:かなちゃん提供
藤岡市のマンホールカード ・マンホールカードです。2018年4月28日、第7弾として全国49自治体で49種類(累計301自治体342種類)の マンホールカードの無料配布が 開始されました。 表にはマンホール写真と位置情報が書かれています。

・撮影日:2018年4月30日
・配布場所:道の駅「ららん藤岡」内の 藤岡市観光案内所
・撮影者:かなちゃん提供
藤岡市のマンホールカード ・裏面には2018年に設置開始された上記マンホールと、「馬型埴輪」と「人物埴輪」と「藤岡鬼面瓦」の写真とデザインの由来などが書かれています。
国指定史跡・七輿山古墳で知られる藤岡市には、かって1,200基ほどの古墳があったと伝えられています。 市内には多くの窯址が見つかっており、埴輪や須恵器を関東一円に供給した拠点だったと考えられています。 その風土・文化は近現代にも受け継がれ、良質な藤岡粘土を使った藤岡 瓦の産地として栄えた藤岡市。江戸時代から藤岡鬼面瓦が魔除け・災厄除けとして庶民の暮らしに浸透し、屋根の上から睨みを利かせています。 本マンホール蓋のデザインは、古墳に並べられた人物 埴輪や馬形埴輪、須恵器の甕(かめ)などを中央に配し、その周りを鬼瓦の数珠や雨雲のデザインで飾ったものです。

・撮影日:2018年4月30日
・配布場所:道の駅「ららん藤岡」内の 藤岡市観光案内所
・撮影者:かなちゃん提供
藤岡市のマンホール蓋 ・上記カードに記された座標の蓋です。 デザインを見やすくするためか、展示用カラー盤とは色の使い方がかなり異なっています。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2018年4月19日  
・撮影場所:JR八高線北藤岡駅  
・撮影者:路上の美術館さん提供
藤岡市のマンホール蓋 ・「藤岡市役所水道課」の入口に展示してある蓋です。上記と同デザインのカラー版。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2010年2月11日  
・撮影場所:藤岡市役所水道課の入口  
・撮影者:路上の美術館さん提供
藤岡市のマンホール蓋 ・上記と同デザインのノンカラーで「うすい」表記。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2017年11月2日  
・撮影場所:藤岡市内  
・撮影者:ザキヤさん提供
藤岡市のマンホール ・特産の鬼瓦と市の花フジと市章が描かれている。「ふじおかし」「うすい」の文字。
雨水管マンホール蓋。

・撮影日:2009年11月2日  
・撮影場所:藤岡市鬼石  
・撮影者:山崎さん提供
藤岡市のマンホール蓋 ・上記と同デザインで「ふじおかし」「おすい」表記。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2017年11月2日  
・撮影場所:藤岡市内  
・撮影者:ザキヤさん提供
藤岡市のマンホール蓋 ・亀甲模様、中央に市章、その下に「汚水」の文字。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2017年11月2日  
・撮影場所:藤岡市内  
・撮影者:ザキヤさん提供
藤岡市のマンホール蓋 ・中央に市章入りのコンクリート製小型蓋。
汚水枡小型蓋

・撮影日:2017年11月2日  
・撮影場所:藤岡市内  
・撮影者:ザキヤさん提供
藤岡市の小型蓋 ・青地に水玉模様、市章と「仕切弁」文字入り。
水道仕切弁小型蓋。

・撮影日:2013年8月26日  
・撮影場所:藤岡市矢場の農道  
・撮影者:ランランさん提供
藤岡市の小型蓋 ・青地に藤岡市章と「仕切弁」の表示があり、開閉用の取っ手がついている。
水道仕切弁小型蓋。

・撮影日:2013年8月26日  
・撮影場所:藤岡市矢場の農道  
・撮影者:ランランさん提供
藤岡市の小型蓋 ・青地に藤岡市章と「排泥弁」の表示があり、開閉用の取っ手がついている。
水道排泥弁小型蓋。

・撮影日:2013年8月26日  
・撮影場所:藤岡市矢場の農道  
・撮影者:ランランさん提供
藤岡市のビニ弁蓋 ・上記と同じデザインの蓋ですが、市章と「ビニ弁」の表示があります。 硬質ポリ塩化ビニル製の仕切弁と思います。

・撮影日:2013年8月26日  
・撮影場所:藤岡市矢場近くの住宅地  
・撮影者:ランランさん提供
藤岡市の小型蓋 ・蓋、受枠共に青地に水玉模様、「制」と「藤岡平」の文字入り。
藤岡平地区の水道制水弁小型蓋。

・撮影日:2013年8月26日  
・撮影場所:藤岡市矢場の農道  
・撮影者:ランランさん提供
藤岡市の小型蓋 ・蜘蛛の巣模様に、「藤岡平」「制水弁」の文字入り。
藤岡平地区の水道制水弁蓋。

・撮影日:2013年8月26日  
・撮影場所:藤岡市矢場の農道  
・撮影者:ランランさん提供
藤岡市の空気弁蓋 ・亀甲模様に「空」と「藤岡平」の文字入りで、周囲が青地に水玉模様。
藤岡平地区の空気弁蓋。

・撮影日:2013年8月26日  
・撮影場所:藤岡市矢場の農道  
・撮影者:ランランさん提供
藤岡市の空気弁蓋 ・亀甲模様に市章と「空気弁」の文字入りで、周囲が青地に水玉模様。
空気弁蓋。

・撮影日:2013年8月26日  
・撮影場所:藤岡市矢場の農道  
・撮影者:ランランさん提供
藤岡市の空気弁蓋 ・毘沙門亀甲模様に市章と「空気弁」の文字入りで、周囲が青地に破線模様の角型空気弁蓋。

・撮影日:2013年8月26日  
・撮影場所:藤岡市矢場の農道  
・撮影者:ランランさん提供
藤岡市の消火栓蓋 ・青地に水玉模様の蓋に、市章と消防士さんとはしご車のデザインの消火栓蓋。消火栓で地色が青色は珍しいですね。

・撮影日:2013年8月26日  
・撮影場所:藤岡市矢場近くの住宅地  
・撮影者:ランランさん提供
藤岡市のマンホール蓋 ・黄色地に水玉模様、はしご車と市章、「藤岡市消火栓」の文字入りです。
丸型消火栓蓋

・撮影日:2017年11月2日  
・撮影場所:藤岡市内  
・撮影者:ザキヤさん提供
藤岡市のマンホール蓋 ・黄色地に変形テトラポッド風の模様が散らしてあります。市章入りのポンプ車、「消火栓」の文字入りです。
丸型消火栓蓋

・撮影日:2017年11月2日  
・撮影場所:藤岡市駅前通りにて  
・撮影者:ザキヤさん提供
藤岡市のマンホール蓋 ・蓋受け枠共に黄色地に水玉模様、はしご車と市章のデザインで、広幅の受枠に「防火水槽」「藤岡市」の文字入り。
防火水槽蓋

・撮影日:2017年11月2日  
・撮影場所:藤岡市駅前通りにて  
・撮影者:ザキヤさん提供
藤岡市のマンホール蓋 ・規格模様で「藤新ガス」の文字が中央にあります。 藤岡市と高崎市 新町地区(旧多野郡新町)を供給エリアとしているガス会社と思われます。

・撮影日:2017年11月2日  
・撮影場所:藤岡市駅前にて  
・撮影者:ザキヤさん提供

藤岡市の水道仕切り弁蓋 旧鬼石町(おにしまち)
・(下水道未整備)
蓋面の上部に「仕切り弁」、中間に左から「R」、 「町章」、「100」の文字、下部が空色地に水玉と鍵穴の水道仕切り弁小型蓋。
※「R」について、以下は藤岡市 上下水道部 水道工務課、M様の御回答です。
「R」表示につきましては、仕切り弁(バルブ)を開く場合は、右回しに回す 事を意味しております。(開栓する場合の、回す方向を表示)尚藤岡市全体では、 「R」表示・右開きタイプ型の仕切り弁が殆んどであります。(消火栓については、 「L」タイプ(左回し)を採用しております。)

・撮影日:2013年10月4日  
・撮影場所:藤岡市鬼石総合支所付近  
・撮影者:かなちゃん提供
藤岡市の水道空気弁マンホール ・全体に空色地で中央部に毘沙門亀甲、町章、空気弁の文字、 その周囲を同心円に火の字を横に並べたデザイン。
水道空気弁マンホール蓋。

・撮影日:2013年10月4日  
・撮影場所:R-462 道の駅「上州おにし」付近  
・撮影者:かなちゃん提供
藤岡市の分割式角型消火栓 ・黄色地に町章入り分割式角型消火栓蓋。中央が菱型網目で 周囲を同じく菱型の鎖状を4列廻している。

・撮影日:2013年10月4日  
・撮影場所:藤岡市鬼石総合支所付近  
・撮影者:かなちゃん提供
藤岡市の円形消火栓蓋 ・黄色地に町章入り赤い消防車と変形の小さいテトラポッド風の模様を配し 周囲を黄色地に水玉模様一列で囲んだ円形消火栓蓋。 小さい突起の滑り止め加工を施しています。上に消火栓の文字。

・撮影日:2013年10月4日  
・撮影場所:R-462 道の駅「上州おにし」付近  
・撮影者:かなちゃん提供
藤岡市の円形消火栓蓋 ・町章入り円形消火栓蓋。黄色地に水玉の中央に赤いはしご車を配し、 下に大きく「消火栓」の文字。右上に町章。

・撮影日:2013年10月4日  
・撮影場所:R-462 道の駅「上州おにし」付近  
・撮影者:かなちゃん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ