和歌山県のマンホール

紀の川市マンホール ・紀の川中流流域下水道(那賀処理区)の蓋。紀の川市および岩出市を対象。
県章の周りに供用の6つの町の花を描いている。上から時計回りに、打田町(うちたちょう)キク、粉河町キイシモツケ、 那賀町(ながちょう)チョウセンアサガオ、桃山町モモの花、貴志川町スイセン、岩出市サクラ。

・撮影日:2008年7月3日  
・撮影場所:和歌山県内
・撮影者:幻論乙坊さん提供。
紀美野町で見つけたマンホール ・紀ノ川流域下水道(伊都処理区) 県章をちりばめた中に流域関連市町(旧1市3町)花を配置。{サツキ(橋本市)、アジサイ(かつらぎ町)、サクラ(高野口町)、ボタン(九度山町)}

・撮影日:2008年6月2日  
・撮影場所:国道24号、かつらぎ町中飯降付近
・撮影者:幻論乙坊さん提供
和歌山マリーナシティマンホール ・和歌山マリーナシティの蓋で、カモメ、入道雲、紀州手毬、荒波のカラーデザイン。 市章と「うすい」「WAKAYAMA」の文字。
和歌山マリーナシティは、和歌山湾にある人工島。世界リゾート博の開催に合わせ、松下興産により創られた。 同じデザインで県章が市章になっている蓋もあります。
和歌山県章は県民の和を象徴するもので、末広がりの形は、あすにむかって果しなく発展する南国紀州を表徴し、 力強くおおらかな風格は、進取の気性に富むゆたかな県民性をあらわしています。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2009年9月19日  
・撮影場所:和歌山市和歌山マリーナシティ  
・撮影者:ayaさん提供
和歌山県マンホール ・毘沙門亀甲型の地紋の中央に県章、その下部に「汚水」の文字が入っています。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2017年3月26日  
・撮影場所:和歌山マリーナシティ付近
・撮影者:kanataさん提供
紀美野町で見つけたマンホール ・県章入り。美里から野上に向かって歩いていて発見した鉄蓋 何の蓋なのか不明です。

・提供日:2013年2月19日  
・撮影場所:紀美野町・国道370号線上にて
・撮影者:MJBぢぢいさん提供
和歌山県マンホール ・亀甲模様、中央に県章、上に「CAB」下に「電話」の文字。Φ910。
※CAB - ケーブルボックス (CableBox) の略で、歩道等の地中にコンクリートボックス(ボックスカルバート)を埋設し、 その中に電線管を多数収容する。ボックスは電力会社・NTT・各電線事業者が共同で使用し電線管のみ各事業者が布設し使用する。(Wikipediaより)

・撮影日:2015年2月4日  
・撮影場所:和歌山市一番丁付近
・撮影者:幻論乙坊さん提供
和歌山県マンホール ・二の字を縦横交互に並べた地模様、中央に県章と「CCB」「電気」の文字入り。
CCB電気のマンホール蓋。

・撮影日:2016年4月9日  
・撮影場所:和歌山県高野町 高野山金剛峯寺奥の院付近
・撮影者:ひまわり薬局さん提供
高野町4 ・中央に和歌山県章
信号用マンホール

・撮影日:2010年4月17日  
・撮影場所:高野町高野山771(珠数屋四郎兵衛付近)  
・撮影者:九度山の料理人兼植木屋
和歌山市マンホール ・L字模様地に県章と「電気」の文字。 下部に福西鋳物㈱の表示あり。
電気設備のマンホール蓋。

・撮影日:2011年1月8日  
・撮影場所:和歌山市紀州和歌山城内
・撮影者:かなちゃん提供
和歌山市マンホール ・レンガ積み風模様に県章と「電気」「KANESO」の文字。 カネソウ㈱のHPより:一般型マンホール蓋で適用荷重2トン(乗用車程度) で60cmφのサイズ。左右の取っ手にゴム製キャップが付いています。
電気設備のマンホール蓋。

・撮影日:2011年1月8日  
・撮影場所:JR新宮駅付近
・撮影者:かなちゃん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ