国頭郡恩納村(おんなそん)のマンホール

恩納村のマンホール ・ヨット、恩納岳、絶壁が像の鼻の形をしている万座毛、村の花・ユウナ(オオハマボウ)。上部に恩納村の村章。
汚水管マンホール蓋  

・提供日:2011年1月23日  
・撮影場所:恩納村  
・撮影者:たっつん@京都さん提供
恩納村のハンドホール ・上記のハンドホール蓋。上部には「オンナ」とデザインされた村章。横には「T-14」。  

・撮影日:2015年10月8日  
・撮影場所:恩納村山田地区  
・撮影者:森村さん提供
恩納村のマンホール ・上部には恩納村章。恩納岳、村の花ユウナ、リュウキュウマツと万座毛。 「恩納村」「おすい」の文字。
汚水管マンホール蓋  

・撮影日:2015年10月15日  
・撮影場所:恩納村恩納地区  
・撮影者:森村さん提供
恩納村のハンドホール ・上記と同じデザインの汚水管ハンドホール蓋。  

・撮影日:2015年10月8日  
・撮影場所:恩納村恩納地区  
・撮影者:森村さん提供
恩納村のマンホール ・本島西海岸観光ポイントの一つ、万座毛。 この名は、この地を訪れた琉球国王が万人が座ることができる毛(草原)と讃え、命名したといわれています。  

・撮影日:2015年10月15日  
・撮影場所:恩納村  
・撮影者:森村さん提供
恩納村のマンホール ・地域のシンボルの水車と小菊と後方には恩納岳。右上には恩納村章。「花と水の里」「恩納村」「おすい」 喜瀬武原地区での小菊栽培は夜間に照明を当て開花時期を遅らせる電照菊といわれるものです。 この地での花卉(かき)栽培の成功が沖縄県下の花卉ブームをもたらしたといわれています。 今は赤色LEDも使われ消費電力も大きく減少できているようです。
汚水管マンホール蓋  

・撮影日:2015年10月8日  
・撮影場所:恩納村喜瀬武原(きせんばる)県道104号  
・撮影者:森村さん提供
恩納村のハンドホール ・上記と同じデザインの汚水管ハンドホール蓋。  

・撮影日:2015年10月8日  
・撮影場所:恩納村喜瀬武原(きせんばる)県道104号  
・撮影者:森村さん提供
恩納村のマンホール ・V字の受枠、亀甲模様の親蓋との親子蓋。
汚水管マンホール蓋  

・撮影日:2015年10月8日  
・撮影場所:恩納村喜瀬武原(きせんばる)県道104号  
・撮影者:森村さん提供
恩納村のマンホール ・亀甲模様の中央に恩納村章。下に「汚水」の文字。
汚水管マンホール蓋  

・撮影日:2015年10月8日  
・撮影場所:恩納村喜瀬武原(きせんばる)県道104号  
・撮影者:森村さん提供
恩納村のハンドホール ・Xで四分割し恩納村章と「仕」「切」「弁」の文字を入れた仕切弁蓋  

・撮影日:2015年10月15日  
・撮影場所:恩納村  
・撮影者:森村さん提供
恩納村の空気弁 ・斜め格子の地模様に恩納村章と「空気弁」の文字。 斜め格子の地模様に恩納村章と「空気弁」の文字。  

・撮影日:2015年10月8日  
・撮影場所:恩納村  
・撮影者:森村さん提供
恩納村のハンドホール ・通常量水器といわれるのと同じものと思います。 縦線が短い横線で繋がれた地紋で中央に村章が入っています。下部にメーカー名「HASEGAWA FOUNDRY CO」と入っており、長谷川鋳工所製です。 上縁に型番の「WPM-H 600 FCD」の文字が入っています。
通常型の流量計蓋  

・撮影日:2016年12月17日  
・撮影場所:恩納村前兼久(前兼久漁港付近)  
・撮影者:kanataさん提供
恩納村の消火栓蓋 ・黄色地水玉模様に赤いはしご車の丸形消火栓蓋。「DCIP(ダクタイル鋳鉄管)」 「Φ250」「消火栓」「駐車禁止」の文字と恩納村章。下部に取っ手があります  

・撮影日:2015年10月8日  
・撮影場所:恩納村  
・撮影者:森村さん提供
恩納村の消火栓蓋 ・円環模様のある丸形消火栓蓋。マンホールサイズ。恩納村章と消火栓の文字。  

・撮影日:2015年10月15日  
・撮影場所:恩納村  
・撮影者:森村さん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ