秩父郡皆野町のマンホール

皆野町マンホール1 ・秩父地方の盆踊りの定番「ちちぶおんど」を踊る、踊り子、やぐら、提灯をデザイン。
皆野町は「秩父音頭」発祥の地だそうです。
「秩北衛生下水道組合」は皆野町と長瀞町の下水道事業を行っている組合です。 平成20年に「皆野・長瀞水道企業団」と統合されて「皆野・長瀞上下水道組合」となった。
・汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2011年11月10日
・撮影場所:秩父郡皆野町役場前
・撮影者:かなちゃん提供
皆野町マンホール ・上記と同デザインで、受枠にV字模様なし。
・汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供
皆野町マンホール ・上記と同デザインで、上部の「ちちぶおんど」の文字が無い。
・汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供
皆野町マンホール ・上記の受枠にV字模様あり。
・汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供
皆野町マンホール ・上記と同デザインで、12時の蝶番と6時の鍵穴の形が違う。
・汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2013年5月4日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供
皆野町マンホール ・上記と同デザインで蝶番が下になっている。
・汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供
皆野町マンホール ・マンホールサミット埼玉2017での上記デザインのカラー展示蓋です。
・下水道 汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2017年1月14日
・撮影場所:川越市ウェスタ川越
・撮影者:山崎さん提供
皆野町マンホール ・上記の親子蓋。親は○を縦横に連結した模様。
・汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2015年10月30日
・撮影場所:皆野町の道の駅「みなの」付近
・撮影者:かなちゃん提供
皆野町マンホール ・町章入りASD汚水管マンホール蓋。12時に08T‐25と日之出機器のマーク、 下に「ちちほく」「みなの」の文字。

・撮影日:2015年10月30日
・撮影場所:皆野町の道の駅「みなの」付近
・撮影者:かなちゃん提供
皆野町ハンドホール ・上記のハンドホール。

・撮影日:2015年10月30日
・撮影場所:皆野町の道の駅「みなの」付近
・撮影者:かなちゃん提供。
皆野町マンホール ・上記とは10時と2時付近が違う。「14T-25」日之出機器のマーク。
・汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供
皆野町マンホール ・ASD(耐スリップ)蓋に町章入り。下部に「ちちほく」「みなの」の文字。「14T-14」日之出機器のマーク。Tの前の14は敷設年。
・汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2015年10月30日
・撮影場所:皆野町の道の駅「みなの」付近
・撮影者:かなちゃん提供
皆野町ハンドホール ・上記のハンドホール。
・汚水管ハンドホールの蓋

・撮影日:2015年10月30日
・撮影場所:皆野町の道の駅「みなの」付近
・撮影者:かなちゃん提供
皆野町逆止弁蓋 ・水色地に水玉模様、「皆野・長瀞水道企業団」のマークと「逆止弁」の文字。 文字の両脇に六角形が3個ずつ。
・角型逆止弁蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供
皆野町空気弁蓋 ・亀甲模様に「皆野・長瀞水道企業団」のマークと「空気弁」の文字入り、周りは青地に水玉模様。
・丸型空気弁蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供
皆野町仕切弁蓋 ・上記と同デザインで、「仕切弁」の文字。
・丸型仕切弁蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供
皆野町量水器蓋 ・網目模様に「皆野・長瀞水道企業団」のマークと「量水器」の文字入り。青色プラスチック製。
・量水器蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供
皆野町消火栓蓋 マーク部分をアップで
・上記と同デザインの 「皆野・長瀞水道企業団」のマーク入りで、 「消火栓」の文字と周りの水玉模様の部分が黄色です。
・丸型消火栓蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供
皆野町消火栓蓋 ・上記と同デザインで、下部に1つ鍵穴があります。
・丸型消火栓蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町
・撮影者:山崎さん提供

皆野町マンホール 越境蓋
・規格蓋に熊谷市の市章と「汚水」の文字入り。
・汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2015年7月5日
・撮影場所:皆野町道の駅「みなの」付近
・撮影者:山崎さん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ