津久見市のマンホール

津久見市のマンホール ・以下は津久見市上下水道課より
津久見市のマンホールデザイン蓋は、「スポーツCityつくみ」として、平成2年 から使用しています。 このマンホール蓋のデザインを検討する中で、津久見のまちを代表するものとし て、みかんなども候補にあったようですが、当時、津久見高校が甲子園に出場す るなど野球を中心にスポーツが盛んであったことから、「スポーツのまち津久見」 を振興する意味もこめてスポーツをモチーフにしたデザインを考え、デザイン性 やスリップ防止のための凹凸のバランス等々も考慮し、現在のデザインに決定し たようです。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2013年5月17日
・撮影場所:津久見市
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
津久見市のマンホール ・上記の親子マンホール。親蓋は亀甲模様。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2013年5月17日
・撮影場所:津久見市
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
津久見市のマンホール ・上記と同じく親子マンホールだが、亀甲模様の大きさが違います。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2013年5月17日
・撮影場所:津久見市
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
津久見市のマンホール ・亀甲模様の蓋に、市章と「汚水」の文字入り。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2013年5月17日
・撮影場所:津久見市
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
津久見市のハンドホール ・上記のハンドホール。
汚水管ハンドホール蓋

・撮影日:2013年5月17日
・撮影場所:津久見市
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ