日置市のマンホール

2005年5月1日に日置郡の伊集院町、東市来町、日吉町、吹上町の4町が合併して誕生した。
日置市のマンホールカード 日置市
・マンホールカードです。2017年12月9日、第6弾として全国64自治体で66種類(計252自治体293種類)のマンホールカードの無料配布が 開始されました。 表にはマンホール写真と位置情報が書かれています。

・撮影日:2018年1月30日
・配布場所:日置市観光協会
・撮影者:なっくんさん提供
日置市のマンホールカード ・裏面には2005年に設置開始された上記マンホールと、「島津義弘公像」、「日置市章」の写真と、デザインの由来などが書かれています。
中央に大きく描かれている兜は、関ヶ原の戦いにおいて敵陣を正面突破(敵中突破)し、故郷の鹿児島に帰還した島津義弘公の甲冑をモチーフとしたものです。 義弘公の勇気ある行動はやがて、鹿児島県の3大行事に数えられる「妙円寺詣り」へとつながりました。 妙円寺詣りとは、義弘公の菩提寺である妙円寺までの道のりを鎧・兜で身を固めて参拝する行事のことで、毎年大勢の参加者が訪れます。 一方、兜の上に刻まれているのは日置市章です。 これは、日置市の頭文字「ひ」に、南国の太陽を組み合わせたもの。 歴史や自然の調和を活かした都市づくりを目指し、未来へ羽ばたく躍動感が表現されています。

・撮影日:2018年1月30日
・配布場所:日置市観光協会
・撮影者:なっくんさん提供
日置市のマンホール ・マンホールカードの座標位置のマンホールの蓋です。
下水管マンホール蓋  

・撮影日:2018年1月30日  
・撮影場所:JR鹿児島本線伊集院駅前にて  
・撮影者:なっくんさん提供

日置市のマンホール 旧伊集院町(いじゅういんちょう)
・島津家第17代当主の島津義弘の兜のデザイン。 旧町章と「いじゅういんげすい」の文字入り。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2013年9月28日
・撮影場所:鹿児島県日置市伊集院
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
日置市の小型 ・上記デザインの小型。
・撮影日:2013年9月28日
・撮影場所:日置市(旧伊集院町)
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
日置市のマンホール ・亀甲模様。中央には丸の中に伊集院町の「伊」、下部に「下水管」の表記があります。
・撮影日:2013年9月28日
・撮影場所:日置市(旧伊集院町)
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
日置市のマンホール ・蓋一面格子状の穴が開いていて、中央には丸の中に「伊」の表記があります。
・撮影日:2013年9月28日
・撮影場所:日置市(旧伊集院町)
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
日置市のマンホール ・モルタル仕上げで、中央に丸の中に「伊」の表記があります。
・撮影日:2013年9月28日
・撮影場所:日置市(旧伊集院町)
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
日置市の消火栓蓋 ・中央に丸の中に「伊」と「消防」の表記があります。
・撮影日:2013年9月28日
・撮影場所:日置市(旧伊集院町)
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供

日置市のマンホール 旧東市来町(ひがしいちきちょう)
・亀甲模様の蓋に、町章と「東市来町」の文字入り。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2013年9月28日
・撮影場所:鹿児島県日置市東市来
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供

日置市のマンホール 旧吹上町(ふきあげちょう)
・ウミガメが2頭泳いでいるデザインのカラー版。「集排」の表示。
吹上浜に、6月~7月にかけて50頭近くのアカウミガメが産卵のために上陸するそうです。
集落排水管マンホール蓋

・撮影日:2013年9月28日
・撮影場所:日置市吹上町永吉
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
日置市のマンホール ・上記のノンカラー版。
集落排水管マンホール蓋

・撮影日:2013年9月28日
・撮影場所:日置市吹上町永吉
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ