江津市(ごうつし)のマンホール

2004年(平成16年)10月1日 邑智郡桜江町を編入合併。
江津市のマンホール 江津市(ごうつし)
・星高山(島の星山)、江の川と二段橋構造の新江川橋( しんごうのがわばし)、サクラと市の花ツツジのデザイン。 江の川の流れが「江」の形になってます!山の星マークは、40~60ワットの電球、約1000個のイルミネーションです。 7月20日から8月31日までの午後7時30分から10時まで点灯し、高角山の歌を詠んだ人麻呂の「人」と星が 交互に現れるそうです。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2015年4月16日  
・撮影場所:島根県江津市  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のマンホール ・上記デザインの江津西浄化センター展示品。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2015年4月16日  
・撮影場所:江津市  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のマンホール ・上記のノンカラー。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2012年10月14日  
・撮影場所:江津市  
・撮影者:syuukouさん提供
江津市のハンドホール ・上記のハンドホール。
汚水管ハンドホール蓋

・撮影日:2015年4月16日  
・撮影場所:江津市  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のマンホール ・上記の親子。親蓋は耐スリップ模様。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2015年4月16日  
・撮影場所:江津市  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のマンホール ・星高山、市の花ツツジ、 柿本人麻呂(西暦700年代の初めに、石見の国の国司として中央から赴任してきた宮廷歌人)と の恋妻依羅娘子(よさみ姫)、 星高山(島の星山)、江の川と二段橋構造の新江川橋、 かっぱもいます。江の川の流れの「江」は、上記とはちょっと違います。「江津市」「雨水」の文字。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2015年5月12日  
・撮影場所:江津市シビックセンター公園の西側歩道に3ケのみ  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のマンホール ・上記と同デザインの色違い。

・撮影日:2015年5月12日  
・撮影場所:江津市シビックセンター公園の西側歩道に3ケのみ  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のマンホール ・新江の川橋。

・撮影日:2015年4月16日  
・撮影場所:江津市  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のマンホール ・星高山(別名:島の星山)。

・撮影日:2015年4月17日  
・撮影場所:江津市  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のマンホール ・亀甲模様に市章と「雨水」の文字。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2015年4月16日  
・撮影場所:江津市  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のマンホール ・亀甲模様に市章。鍵穴は塞がっていない。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2015年4月16日  
・撮影場所:江津市  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供

江津市のマンホール 旧桜江町(さくらえちょう)
・マスコットキャラクター『えんこう』(かっぱ)の 周りにサクラを描いている。ちなみに町の花はツツジ、町の木はモミジです。「さくらえ」の文字。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2015年4月16日  
・撮影場所:島根県江津市桜江  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のマンホール ・上記のノンカラー版。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2015年4月16日  
・撮影場所:江津市桜江  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のハンドホール ・上記のハンドカラー。
汚水管ハンドホール蓋

・撮影日:2015年4月16日  
・撮影場所:江津市桜江  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
江津市のマンホール ・上記の親子。親蓋はテトラポット模様。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2015年4月16日  
・撮影場所:江津市桜江  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ