伊丹市のマンホール

伊丹市のマンホールカード ・マンホールカードです。2017年8月1日、第5弾として全国50自治体で52種類(計191自治体222種類)の マンホールカードの無料配布が 開始されました。 表にはマンホール写真と位置情報が書かれています。

・撮影日:2017年8月9日
・配布場所:伊丹市上下水道局 整備保全室 管理課
・撮影者:森村さん提供
伊丹市のマンホールカード ・裏面には1987年に設置開始された上記マンホールと、「昆陽池」と「カモ」と「白鳥」の写真とデザインの由来などが書かれています。
昆陽池(こやいけ)公園の「白鳥」と市の鳥「カモ」が泳ぐ姿をデザインしたマンホール蓋です。 昆陽池は奈良時代、名僧・行基によって築造され、農業用のため池として使われました。 その後、昭和40年代に伊丹市が一部を公園化し、昆陽池公園として生まれ変わったものです。 以来、人びとが憩う街中のオアシスとして、またカモや白鳥などの多くの水鳥が飛来する関西屈指の渡り鳥の飛来地として親しまれています。 本マンホール蓋の製作に当たっては、豊かな水環境を印章的に描くことにより、伊丹市の快適な暮らしや循環型社会を支える下水道の貢献を表現しました。

・撮影日:2017年8月9日
・配布場所:伊丹市上下水道局 整備保全室 管理課
・撮影者:森村さん提供
伊丹市 ・伊丹市役所の展示蓋。 下部には「市民に親しまれている昆陽池公園の「白鳥」と市鳥の「カモ」が泳ぐ姿をデザインして、豊かな水環境を表現しました。」と書かれています。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2017年8月9日
・撮影場所:伊丹1丁目にて
・撮影者:森村さん提供
伊丹市1 ・昆陽池公園(こやいけこうえん)に飛来する、白鳥やカモが描かれたカラー版。「いたみ」の文字。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2015年7月9日
・撮影場所:伊丹市上下水道局 整備保全室 管理課前通路
・撮影者:さと坊さん提供
伊丹市 ・上記と同デザインの白だけのカラー版です。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2017年10月1日
・撮影場所:伊丹市
・撮影者:HYACさん提供
伊丹市1 ・上記のノンカラー版。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2008年7月14日
・撮影場所:伊丹市内
・撮影者:幻論乙坊さん提供。
伊丹市2 ・上記と同じデザインで「うすい」と表記。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2012年4月1日
・撮影場所:伊丹市内
・撮影者:まてぃさん提供
伊丹市1 ・蜘蛛の巣風模様に市章と「汚水」の文字入り。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2008年7月14日
・撮影場所:伊丹市内
・撮影者:幻論乙坊さん提供
伊丹市 ・中央に市章、両脇に取っ手のあるマンホールサイズの蓋。

・撮影日:2015年11月6日
・撮影場所:伊丹市中央3丁目にて
・撮影者:さと坊さん提供
伊丹市 ・伊丹市水道局のマスコット「ウォーターくん」が描かれている。
胸にH2Oと書いてありますね。
水道小型蓋

・撮影日:2012年4月1日
・撮影場所:伊丹市内
・撮影者:まてぃさん提供
伊丹市 ・毘沙門亀甲模様に「工業用水」市章「空気弁」の文字。
空気弁蓋

・撮影日:2015年11月6日
・撮影場所:伊丹市中央3丁目にて
・撮影者:さと坊さん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ