つがる市のマンホール

2005年(平成17年)2月11日:西津軽郡木造町、森田村、柏村、稲垣村、車力村の1町4村が合併してつがる市となった。
つがる市のマンホール1 旧柏村
・岩木山と日本最古のりんごの木を図案化。
農業集落排水 汚水管マンホールの蓋

・提供日:2011年9月24日  
・撮影場所:旧柏村玉水地区  
・撮影者:のほほんさん提供
つがる市 ・上記の親子。親蓋は毘沙門亀甲模様。

・撮影日:2016年9月5日  
・撮影場所:つがる市柏   
・撮影者:平野さん提供
つがる市 ・津軽富士見湖から見た岩木山。

・撮影日:2010年10月17日  
・撮影場所:青森県北津軽郡鶴田町  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
つるが市 ・上記デザインのリンゴの鈴なり。

・撮影日:2010年10月17日  
・撮影場所:黒石市  
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
つるが市 ・規格蓋に村章入り。

・撮影日:2015年11月25日  
・撮影場所:つがる市柏  
・撮影者:山崎さん提供
つるが市 ・規格蓋に「汚水」文字入り。自治体を判別する識別はありませんが、 鍵部分が変わっています。

・撮影日:2015年11月25日  
・撮影場所:つがる市柏  
・撮影者:山崎さん提供
つるが市 ・升目模様に菱形が4個花びらのように配された変わった地模様に村章入りハンドホールです。

・撮影日:2015年11月25日  
・撮影場所:つがる市柏  
・撮影者:山崎さん提供
つるが市 ・水色六角形の蓋に、津軽広域水道企業団章と「仕切弁」文字入りハンドホール。受枠は横2本線と縦3本線の模様。

・撮影日:2015年11月25日  
・撮影場所:つがる市柏  
・撮影者:山崎さん提供
つるが市 刻印部分をアップで・黄色に水玉模様の蓋に、津軽広域水道企業団章と「排泥弁」文字入りハンドホール。受枠も水玉模様。

・撮影日:2015年11月25日  
・撮影場所:つがる市柏  
・撮影者:山崎さん提供

つがる市のマンホール 旧木造町(きづくりまち)
・この町の亀ヶ岡遺跡から出土した、 重要文化財に指定されているいわゆる遮光器土偶が中央に大きく描かれ、旧町章の「銀杏松」をバラバラにしたマツとイチョウが 周囲に描かれています(旧町の木には黒松が指定されていました)。 上縁に「木造町」「クリーン」と文字が入っています。市のHPによれば、汚水と明示する予定であったが、暗い感じがするので クリーンと明示したそうです。
公共下水道の汚水マンホールの蓋

・撮影日:2011年6月18日  
・撮影場所:JR五能線木造駅前  
・撮影者:kanataさん提供
つがる市のハンドホール ・上記と同じデザインの小型蓋。
公共下水道の汚水ハンドホールの蓋

・撮影日:2011年6月18日  
・撮影場所:JR五能線木造駅前  
・撮影者:kanataさん提供
つがる市 ・上記の親子。親蓋は変形テトラポッド模様。
公共下水道の汚水マンホールの蓋

・撮影日:2016年9月5日  
・撮影場所:つがる市木造町   
・撮影者:平野さん提供
つがる市 ・遮光器土偶の周りに縄文のイメージから縄を2本描いています。 下部に「きづくり」「こしみず」の文字。
越水処理区の農業集落排水マンホールの蓋

・撮影日:2017年5月2日  
・撮影場所:つがる市木造町   
・撮影者:norikitさん提供
つがる市の木造駅 ・遮光器土偶を埋め込んだ(めり込んだ)JR五能線木造駅の駅舎です。 実物の遮光器土偶は東京国立博物館にあります。

・撮影日:2011年6月18日  
・撮影場所:JR五能線木造駅前  
・撮影者:kanataさん提供

つがる市のマンホール 旧稲垣村(いながきむら)
・村章と岩木山、稲穂を図案化したもので、岩木山と田んぼの稲と旧稲垣村の村章を中央に描き、その周りにも稲穂を配して、「いながき村」「しけほ」の文字が入っています。
しげほ処理区の汚水マンホールの蓋

・撮影日:2017年5月2日  
・撮影場所:つがる市稲垣  
・撮影者:norikitさん提供
つがる市のマンホール ・村章と村の花「ノハナショウブ」、鳥「カワラヒワ」及び田園風景を図案化。 上部に「いながき村」下部に「さいか」の文字入り。
さいか処理区の汚水マンホールの蓋

・撮影日:2017年5月2日  
・撮影場所:つがる市稲垣  
・撮影者:norikitさん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ