勝田郡勝央町(しょうおうちょう)のマンホール

勝央町 ・坂田金時終焉の地として知られる町だそうで、 「ま~さかり担いだ金太郎~く~まにま~たがりお馬の稽古~♪」のデザインです。 「SUN.SON.SHOO」の文字は、 「金太郎の里・サンサン勝央(SUN SON SHO0)」のことで、 調和のとれた活力のある町作りを目指したキャッチフレーズだそうです。 当時の町長さんが考案し、金太郎にあやかり、太陽を浴びて元気に育つ子どもたち というような意味があるそうです。
汚水管マンホールの蓋

・提供日:2014年10月8日
・撮影場所:岡山県勝田郡勝央町
・撮影者:さんたろう提供
津山市マンホール ・上記の親子マンホール。親蓋は亀甲模様。
汚水管マンホールの蓋

・提供日:2014年10月8日
・撮影場所:勝央町
・撮影者:さんたろうさん提供
津山市マンホール ・亀甲模様、中央に町章、その下に「汚水」の文字と鍵穴一つ。受け枠は楕円模様が3周。
汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2017年3月18日
・撮影場所:勝央町勝間田
・撮影者:うみさまさん提供
津山市マンホール ・ASD耐スリップ蓋、中央に町章、下部に「しょうおう」「おすい」、上部に「16T-14 日之出水道機器のマーク」入り。
汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2017年3月18日
・撮影場所:勝央町勝間田
・撮影者:うみさまさん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ