中川郡幕別町のマンホール

2006年2月6日、忠類村は幕別町に編入合併。
幕別町マンホール 幕別町
・クマゲラと「PARKGOLF」「まくべつ」の文字が描かれています。幕別町は「パークゴルフ発祥の地」なので、それにちなん だデザインのようですが、あちこちのパークゴルフ場でよく見かけるマークで、 公益財団法人日本パークゴルフ協会のマークと同じです。1987年(昭和62年)に誕生したクマゲラマークは、 パークゴルフは木のクラブで木のボールを打つことから、「キツツキ」を連想し、北海道にすむ8種類のキツツキの中から一番大きく、 色合いがわかりやすい赤と黒のクマゲラをイメージキャラクターとしたそうです。 ちなみにクマゲラをモチーフにした「クマゲラくん」とナウマン象をモチーフにした「パオくん」が、共に町のマスコットキャラクターになっています。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2015年10月12日  
・撮影場所:北海道中川郡幕別町 JR幕別駅の周辺  
・撮影者:鳥見人さん提供
幕別町マンホール ・パークゴルフ発祥の地ということで、公益財団法人日本パークゴルフ協会のマークであるクマゲラが3羽、パークゴルフのクラブが2本ずつ3組、バックにメロンのような網目が描かれています。「PARKGOLF」「WOODPECKER」「MAKUBETSU」の文字。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2011年7月4日  
・撮影場所:中川郡幕別町   
・撮影者:kanataさん提供
幕別町マンホール ・上記のクマゲラが3羽いる蓋のカラー版。 蓋の向きは、1羽の蓋と同様に「PARKGOLF」が素直に読めるようにしてみました。 すると、網目模様の三角形の辺が一本だけ直線であることや頂点が一つだけクラブに接していないではありませんか。 鍵穴の位置は幕別町のほかの蓋でも斜めにしているようですから整合します。 本当のところはわかりませんが……。​
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2018年7月4日  
・撮影場所:幕別町役場前  
・撮影者:路上の美術館さん提供
幕別町マンホール ・上記と同じデザインのノンカラーですが、「WOODPECKER」の代わりに「USUIDAYO」の文字。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2014年7月28日  
・撮影場所:幕別町札内暁町スマイルパーク付近  
・撮影者:kanataさん提供
幕別町マンホール ・シンボル化したクマゲラとナウマン象らしき像が描かれている汚水用マンホール蓋。 周囲に「MAKUBETSU」と「CHURUI」とあり、象の下には「2006」と書いてあることから、合併記念の蓋と思われます。

・撮影日:2018年7月4日  
・撮影場所:幕別町札内共栄町  
・撮影者:路上の美術館さん提供
幕別町小型蓋 ・クマゲラが1羽、パークゴルフのクラブが2本1組、「MAKUBETSU」の文字。
汚水枡小型蓋

・撮影日:2011年7月4日  
・撮影場所:幕別町  
・撮影者:kanataさん提供
幕別町マンホール ・町の鳥ハクチョウが4羽、中央に「MAKUBETSU」の文字、その中に雪の結晶のようなものが描かれていますが、町章ではありません。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2014年7月28日  
・撮影場所:中川郡幕別町札内暁町スマイルパーク付近  
・撮影者:kanataさん提供
幕別町小型蓋 ・町のマスコットキャラクター、「パオくん」と「クマゲラくん」を描いた小型蓋。 上部に町の木「カシワ」の葉と「おすい」の文字、下部に町の花「シバザクラ」と「MAKUBETSU」の文字。

・撮影日:2018年7月4日  
・撮影場所:幕別町緑町  
・撮影者:路上の美術館さん提供
幕別町マンホール ・東京市型の地紋の中央に町章、「雨水」「下水道」の篆書体の文字。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2014年7月28日  
・撮影場所:中川郡幕別町札内暁町スマイルパーク付近  
・撮影者:kanataさん提供

幕別町マンホール 旧忠類村(ちゅうるいむら)
・忠類で発掘されたナウマン象の化石にちなんだナウマン象の復元骨格。中央上部に旧忠類村村章。「ちゅうるい」の文字。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2014年7月28日  
・撮影場所:道の駅「忠類」(ナウマン公園)付近  
・撮影者:kanataさん提供
幕別町マンホール ・上記と同じナウマン象の全身骨格を描いたカラー展示盤です。 (まだピカピカできれいでした。それに職員の方が3人も出てきて撮りやすい位置に動かしてくださったので反射もなくきれいに撮れました。感謝!)
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2018年7月4日  
・撮影場所:忠類浄化センター内  
・撮影者:路上の美術館さん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ