氷見市のマンホール

氷見市のマンホール 氷見市はブリが豊富に獲れるので、氷見ブリと定置網をデザイン。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2009年8月6日
・撮影場所:氷見市中央町地内
・撮影者:かなちゃん提供
氷見市のマンホール 上記の親子。親蓋は亀甲模様。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2015年5月28日
・撮影場所:氷見市島尾駅前にて
・撮影者:ザキヤマさん提供
氷見市のマンホールカード ・マンホールカードです。2017年12月9日、第6弾として全国64自治体で66種類(計252自治体293種類)のマンホールカードの無料配布が 開始されました。 表にはマンホール写真と位置情報が書かれています。

・撮影日:2017年12月10日
・配布場所:氷見市観光協会
・撮影者:キノさん提供
氷見市のマンホールカード ・裏面には1992年に設置開始された上記マンホールと、「ひみ寒ぶり」と「越中式定置網」の写真とデザインの由来などが書かれています。
氷見市の代名詞でもある高級ブランド魚「ひみ寒ぶり」と400年以上の歴史を持つ氷見発祥の伝統漁法「越中式定置網」がデザインされたマンホール蓋です。 定置網の中に描かれた3本のぶり(鰤)は、どの方向からも楽しめるようにデザインされています。 全身が見えている一番上のぶりには特別な役目があって、頭が下水の流れる方向を指すように設置されているほか、尾びれ近くの「・」が地下に埋められたマンホールの中心を示すようになっています。 氷見の定置網で捕れた魚は、沖合ですぐに「氷水」でしめられるので鮮度が抜群で、特に「ひみ寒ぶり」は身の締まりと脂ののりが良いと評判です。

・撮影日:2017年12月10日
・配布場所:氷見市観光協会
・撮影者:キノさん提供
氷見市のマンホール ・カード座標軸のマンホール蓋です。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2017年12月10日
・撮影場所:氷見市「道の駅 氷見」 前の歩道
・撮影者:キノさん提供
氷見市のマンホール 上記のグリーンバージョン。 下部に「ひみ」と表記。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2015年5月28日
・撮影場所:氷見市R415号商店街にて
・撮影者:ザキヤマさん提供
氷見市のマンホール 富山湾越しに見える立山連峰と、左に阿尾城ヶ崎、手前に唐島のデザイン。受枠には市の花ユリが描かれています。

・撮影日:2011年9月10日
・撮影場所:氷見市
・撮影者:山崎さん提供
氷見市のマンホール 亀甲模様に市章入り。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2015年5月28日
・撮影場所:氷見市
・撮影者:ザキヤマさん提供
氷見市のマンホール 赤色地に小さな変形のテトラポッドを散りばめ、中央に市章と上下に鍵穴あり。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2015年5月28日
・撮影場所:氷見市
・撮影者:ザキヤマさん提供
氷見市のマンホール 蜘蛛の巣模様に市章入り。受枠に工と一を連ねた模様入り。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2015年5月28日
・撮影場所:氷見市
・撮影者:ザキヤマさん提供
氷見市の仕切弁 氷見市のシンボルキャラクター「きときと」の「キット」ちゃんのデザインに「仕」の文字が入っている。
水道仕切弁小型蓋

・撮影日:2011年9月10日
・撮影場所:氷見市
・撮影者:山崎さん提供
氷見市の仕切弁 上記と同デザインですが、地色が黄色。
仕切弁小型蓋

・撮影日:2015年5月28日
・撮影場所:氷見市
・撮影者:ザキヤマさん提供
氷見市の給水栓 地色が青の上記と同デザインで、「給」の文字入り。
給水栓小型蓋

・撮影日:2015年5月28日
・撮影場所:氷見市
・撮影者:ザキヤマさん提供
氷見市のマンホール 青地に波模様、氷見市のシンボルキャラクター「きときと」の「キット」ちゃんのデザインに 「空気弁」の文字。
空気弁蓋

・撮影日:2015年5月28日
・撮影場所:氷見市R415氷見郵便局付近にて
・撮影者:ザキヤマさん提供
氷見市の消火栓 上部に氷見市のシンボルキャラクター「きときと」の「キット」ちゃんのデザイン。
消火栓蓋

・撮影日:2009年8月6日
・撮影場所:氷見市中央町地内
・撮影者:かなちゃん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ