中野市のマンホール

2005年(平成17年)4月1日、(旧)中野市と下水内郡豊田村が新設合併し、(新)「中野市」が発足。
中野市のマンホール2 中野市
・中野インター、(新)市の鳥チョウゲンボウ、市の木リンゴ、特産のブドウ、市章のデザイン。 花は(新)市の花バラと言いたい所ですが、私にはツツジに見えます。
特定環境保全公共下水道マンホールの蓋

・提供日:2012年6月18日  
・撮影場所:中野市  
・撮影者:野方さん提供
中野市のマンホール ・上記のカラー版。
特定環境保全公共下水道マンホールの蓋

・撮影日:2015年8月13日  
・撮影場所:中野市高丘付近  
・撮影者:ザキヤマさん提供
中野市のマンホール ・丸で描いた市の木「リンゴ」と音符のデザイン。市章と「うすい」「NAGAMINE」の文字。
公共下水道 雨水マンホールの蓋

・撮影日:2015年8月13日  
・撮影場所:中野市七瀬地区  
・撮影者:ザキヤマさん提供

中野市のマンホール1 旧中野市
・中山晋平記念館の両脇に五線譜と音符、旧市の花シャクヤク、市の木リンゴ、旧市のシンボル・ライチョウ、市章が描かれています。
公共下水道マンホールの蓋

・提供日:2012年6月18日  
・撮影場所:長野県中野市  
・撮影者:野方さん提供
中野市の小型 ・上記と同デザインの小型蓋。
公共下水道小型マンホールの蓋

・撮影日:2014年11月8日  
・撮影場所:中野市吉田で  
・撮影者:うつむき親父さん提供
中野市のマンホール ・上記と同デザインで下部に「集落排水」の表記がありました。
集落排水マンホールの蓋

・撮影日:2014年11月8日  
・撮影場所:中野市間長瀬で  
・撮影者:うつむき親父さん提供

中野市のマンホール 旧豊田村
・兎追いし かのやま・・・・(故郷)の 作詞者としても知られている文学者高野辰之の出身地であることから、子供とウサギや魚、野山など故郷の風景に市の木リンゴの実が デザインされた親子蓋です。「豊田村」の文字。親蓋は変形テトラポッド模様。
農業集落排水マンホールの蓋

・提供日:2013年10月17日  
・撮影場所:高野辰之記念館脇道  
・撮影者:おの たかやすさん提供
中野市のマンホール ・上記の通常型マンホール蓋。
農業集落排水マンホールの蓋

・撮影日:2017年6月16日  
・撮影場所:道の駅ふるさと豊田付近  
・撮影者:kanataさん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ