上水内郡信濃町のマンホール

信濃町のマンホール ・ナウマン象と周囲に町の花コスモスのデザインに「おすい」の文字。
信濃町には、ナウマン象の化石出土で有名な野尻湖があります。その周辺にこのマンホール蓋がありました。
汚水管マンホールの蓋

・提供日:2013年11月9日  
・撮影場所:長野県上水内郡信濃町野尻湖周辺  
・撮影者:おの たかやすさん提供
信濃町のマンホール ・上記の親子マンホール。親蓋はテトラポット模様。
汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2010年5月9日  
・撮影場所:信濃町  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
信濃町のマンホール ・上記と6時の形状が違い、受け枠に平行四辺形の模様付です。
汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2015年11月9日  
・撮影場所:上水内郡信濃町野尻で  
・撮影者:うつむき親父さん提供
信濃町のマンホール ・上記の親子。親蓋はテトラポット模様。
汚水管マンホールの蓋

・提供日:2013年11月9日  
・撮影場所:信濃町野尻湖周辺  
・撮影者:おの たかやすさん提供
信濃町のマンホール ・ナウマン象と周囲に町の花コスモスのデザインのカラー版。立体的で、展示蓋よりリアル感があり。
汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2014年11月12日  
・撮影場所:信濃町北部浄化センターの取付道路  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
信濃町のマンホール ・北部浄化センターの上記デザインの展示蓋。
汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2014年11月12日  
・撮影場所:信濃町北部浄化センター  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
信濃町のマンホール ・ヒメギフ蝶とスギの木のデザイン。「HIMEGIHU BUTTERFLY」「しなの おすい」の表示。
なぜ ヒメギフ蝶のマークなのか?調べてみました。 そもそもギフチョウとヒメギフチョウとは非常に近い種類で、共に生きている 化石と云はれます。斑尾山の麓(私が今もってスキーに行く所です)の古海小学校(フルミと読みます)の徽章もこのヒメギフチョウです。 此の山にはウスバサイシンが 群生していて、これを好むこの蝶が群生するのです。勿論今でも春には飛び交って いるそうです。    
汚水管マンホールの蓋

・提供日:2013年12月1日  
・撮影場所:信濃町の県道  
・撮影者:おの たかやすさん提供
信濃町のマンホール ・一茶の生誕地の長野県信濃町にあったものですが 雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る の図柄がなんともいえず 可愛いです。
汚水管マンホールの蓋

・提供日:2014年4月17日  
・撮影場所:信濃町  
・撮影者:おの たかやすさん提供
信濃町のマンホール ・上記と同デザイン、受枠に模様がないタイプです。
汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2010年5月9日  
・撮影場所:信濃町  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
信濃町のハンドホール ・上記のハンドですが、こちらはスズメが1羽少なくて4羽ですね。。
汚水管ハンドホールの蓋

・撮影日:2015年7月14日  
・撮影場所:信濃町古間地区にて  
・撮影者:ザキヤマさん提供
信濃町のマンホール ・上記の親子です。親蓋は小さなテトラポットと三菱、菱形を散りばめた模様。
汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2015年7月14日  
・撮影場所:信濃町古間地区にて  
・撮影者:ザキヤマさん提供
信濃町のマンホール ・田んぼを背景にして中央にクロスした鎌と両脇に稲穂、下部に町章が描かれている。
汚水管マンホールの蓋

・撮影日:2015年7月14日  
・撮影場所:信濃町富濃地区にて  
・撮影者:ザキヤマさん提供
信濃町のマンホール ・霊仙寺山、田んぼと稲穂、そばの花、町章が描かれている。「富士里」「農集」の文字。
農業集落排水マンホールの蓋

・撮影日:2010年5月9日  
・撮影場所:信濃町  
・撮影者:fujisanTAROさん提供。

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ