11:30受付  
12:05開会式
12:15
 〜
1A 言語発達遅滞の評価と支援 1B 吃音の基礎知識と新たな視点 1C 子どもの発達をうながす関わりことば
8月 13:45  藤野 博(東京学芸大学)   伊藤 友彦(東京学芸大学)   湯汲 英史(発達協会常務理事)
14:10
 〜
2A 聴覚障害児の評価と支援 2B 吃音児の理解と支援 2C 言語発達遅滞の支援の実際
6日 15:40  齋藤 友介(大東文化大学大学)  小林 宏明(金沢大学)   大伴 潔(東京学芸大学)
16:05
 〜
3A 構音指導における教材・教具の工夫 3B 聴覚障害児の支援の実際 3C 難言教育における子どもとの関わり及び
教室経営の基礎・基本
(月)
0 17:35  中村 勝則(元西東京市立保谷小学校) 長南 浩人(筑波技術大学)  牧野 泰美(国立特別支援教育総合研究所)
9:20   〜  4A 事例検討の意義と進め方 4B 側音化及び口蓋化構音の評価 4C 幼児期の発達とことばの獲得
8月 (歪み音の理解と聞き取り)
10:50  羽田 紘一(有明教育芸術短期大学)  山下 夕香里(帝京平成大学)  石川清明(國學院大学)
7日 11:15
 〜
5A 発達障害児の理解と支援  5B 側音化及び口蓋化構音の指導 5C ことばが育つ幼児の支援と保護者支援
(舌を平らにする方法)
(火)  12:45 大山 恭子(船橋市三咲小学校)  山下 夕香里(帝京平成大学)  野本茂夫(國學院大学)
直線上に配置
直線上に配置
日本言語障害児教育研究会
 (通称;日言研)
についてご案内します。

2018年第51回(平成30年)大会は下記の予定で行われます。
研修の参考にしてください。
 

 日本言語障害児教育研究会講師派遣事業について

  日言研が研修会の講師を派遣します。費用は日言研が負担します。
  
バナー

2018年 大会予定

・期日 2018年8月6日(月)〜7日(火)
・場所 国立オリンピック記念青少年総合センター


最終更新日
2017.1.8

日言研の沿革

Copyright (c) 2007.Shojiro Sakurai

これまでの大会一覧
第1回〜第50回
(1965年〜2017年)

 
★第50回大会記念出版「基礎からわかる言語障害児教育」
  
大会参加と同時に申し込んだ方には、定価3,780円を
  
特別割引価格3,000円で販売します。
メール アイコンお問い合わせ メール
全国言友会へ
全難言協へ

リンク集

2018年 大会講座予定